鴨頭嘉人公式|信頼関係を築くには「聴き力・洞察力・承認力」を磨け![29]

本記事は動画の【1:00:38】辺りから▶部下から尊敬される上司が行っている、たった一つの方法

毎日社員が帰る背中を見て「洞察力」を養おう!

もちろんあの、緊張感を持っている時にも洞察力使った方がいいんだけど、難しいんでいきなりは。

 

最初は社員さんが本音を言葉にできないけどどっかに出す瞬間にトレーニングしておいて、イージーな時にトレーニングしておかないと身につかないので。

それが帰る瞬間なんです。

 

「おつかれさーん」とか言っていた時に「じゃあお先です」って言った時の背中を見た時に「あ、なんかちょっと今日自信を失ったようなことがあったのかも」とか「なんかムカついてんだな、あいつ」とか。

 

そういう風に自分がトレーニングするんですよ。

言ってる意味わかります?社員さんが帰り際に本当に思っていることや感情を体のどっかに出すんすよ。

 

それを見抜くんですっていうトレーニングを毎日これからやってください。

 

毎日って休みの日はやらなくていいですよ。

夫婦関係を良くしたい時は毎日やった方がいいかもしれないね、奥さんに対してね。奥さんが気抜いた瞬間とか見た方ですよ。

 

最後「私先に寝るわー」ってベッドルームに向かう時の背中を見て奥さんが本当に思ってことを見抜くとかやってもいいんですけど、今日は職場の話なので。

 

「社員さんが帰る時に背中を見てその背中を見ながら自分で想像する」

 

それがトレーニングになります。洞察力はね1日にして手に入ったりしません。日々ずっとやってだんだんだんだん力になってくるものなので。OKですか?

次回:30鴨頭嘉人が「洞察力」を身につける方法を教わったマグドナルドのすごい人とは?

ABOUTこの記事をかいた人

人材育成・マネジメント・リーダーシップ・顧客満足・セールス獲得・話し方についての講演・研修を行っている日本一熱い想いを伝える炎の講演家。 「良い情報を撒き散らす」社会変革のリーダーとして毎日発信しているYouTube(通称:鴨Tube)の総再生回数は1.7億回以上再生され、チャンネル登録は100万を突破。日本一のYouTube講演家として世界を変えている。 また、著者としてもリーダー・経営者向け書籍を中心に15冊(海外2冊)を出版する作家としても活躍している。