鴨頭流トーク術!大したことない話を「面白い」に変える3つの方法[2]

大したことない話を「面白い」に変える3つの方法

本記事は動画の【02:43】辺りから▶大したことない話を「面白い」に変える3つの方法

ファミマのレジでおじさんがついにキレる!

 

このレジを新しいスタッフが今まであけてなかったのをあけながら、1人の女性を案内しちゃったの、おじさん飛ばして。

 

で俺気が付いて、スマホいじりながら、俺マクドナルド時代から注意力だけは半端なくあるから、

 

「あ、やべえ」と、「おっさん気が付くな」と、「これ気が付いたら終わってしまう」と、「頼むから気が付かないでくれ」って、この願いよ届けみたいな感じでいたら、

 

届かなかった。切れたんだ。

 

「てめえらなんなんだよ、おい!どういうことなんだよ!俺後ろに並ばしといて飛ばすとはどういうことなんだよ、おい!聞いてんのかお前!」

 

って始まったわけ。

 

やべえって思ったんだけど、でも悪いのはファミマではあるわけ。

 

そらそうだよ、おじさん並んどけって言っておいて、飛ばしちゃった子が悪いから、そらしょうがない、さすがにこれ…。

 

自分だったらどう?腹立つよね、やっぱり。

 

自分が並べって言ったのに、他の人案内されたら、それは腹立つのはしょうがないんで、しょうがないなと、おじさんの怒りくらいはちょっとは受けなあかんなって思ったんで、

 

俺それはしょうがないしょうがないってこうやって。

 

俺は心を曇らしてはならない、1日も1分も曇らしてはならぬのは己の心とか、こうやってたわけ。

 

怒りが爆発したおじさんに、鴨頭がついに動き出す!?

 

ところが、年配の男性の多い癖なんですけど、怒っているうちに怒っている自分に興奮するという癖が、特に年配の男性ってあるんです。

 

段々最初より怒りが大きくなってきて、

 

「お前なんなんだよ!大体カタコトの日本語しか喋れねえくせ!」

 

とか関係ないことになってきたわけ。

 

「お前らなんなんだよ、ファミマって。偉そうにしやがって。馬鹿にしてんだよ大体お前らは!」

 

とか言って、段々拡大していったわけ、怒りが。

 

もう完全にヒートアップしちゃって、自分で抑えられなくなってるなっていうのも分かったわけ。

 

とうとう俺の中で問いかけが始まるわけだ。

 

「世界を変える男、鴨頭嘉人、今お前はどんな選択をするんだ?世界を変える男鴨頭嘉人がこの状況を見て見ぬふりをするのか?」

 

と問いかけが始まって、今こそ俺の出番だと。

 

行くしかないと思って、1歩踏み出そうとした瞬間、ファミリーマートに救世主が現れたんです。

 

次回:3)ヒートアップした店内に現れた「救世主」とは!?

ABOUTこの記事をかいた人

人材育成・マネジメント・リーダーシップ・顧客満足・セールス獲得・話し方についての講演・研修を行っている日本一熱い想いを伝える炎の講演家。 「良い情報を撒き散らす」社会変革のリーダーとして毎日発信しているYouTube(通称:鴨Tube)の総再生回数は1.7億回以上再生され、チャンネル登録は100万を突破。日本一のYouTube講演家として世界を変えている。 また、著者としてもリーダー・経営者向け書籍を中心に15冊(海外2冊)を出版する作家としても活躍している。