就職活動中に考えていても絶対にわからないことって??

おはようございま〜す!

サービスハピネスクリエーターの

鴨頭嘉人です。

先週、名古屋で講演をしてきました。

依頼してくださったのは、その地域ではけっこう有名な
チェーン展開をしている本屋さんでした。


その本屋さんは地元のお客様いわく・・・

「本を買うときだけに

 いく場所ではない。」そうです。

古本を売ることができたり、
古本を買うことができたり、
もちろん新書も買うことができます。

他にもCD,DVDのレンタルがあったり、
お菓子や、子ども向けのおもちゃも扱ってるんです。

まさに!地域の家族のためのエンターティメントの場であり

「憩いの場」と呼べる

 本屋さんなんです。

今回、講演で行かせてもらったことで
知ることができたことがあります。

僕は初めて知ったのですが、本屋さんの業界って
大卒の人がたくさん働いていて

人気の職種なんです。

で、どんな人が本屋さんに働きにくるかっていうと、

『本好きの人』なんですよ。

とはいえ、本屋さんに就職したからといって
本を読めるわけではないですよね。

でも、やっぱり本が好きな人が来るんですって。

本が好きな人が

『本に囲まれて働ける』

それって、音楽好きな人やバンドやっている人たちが
CDショップで働くことに似ていますよね。

そのショップで働いても、別にCDがもらえる
わけじゃないじゃぁないですか。

それでも、

『働きたい』っていうのは、

それだけ好きなものに囲まれている空間っていうのは
すごい価値があるんだなぁって思って、
本好きの人が本屋で働く理由に納得しました。
講演のあとに懇親会があったので、
何人かの人と話したときに質問してみたんです。

「何でここに就職したの?」

すると、そのうちの1人の女性が

「本が好きだからです」

って答えてくれたので、続けてこう聞いてみました。

「そうなんだ。学生時代に月にどれくらい読んでたの?」

「20冊くらい読んでました。」

 

「それはすごいね!ちなみに、本屋さんに就職してからは
 月に何冊くらい読んでるの?」

そう聞いた時、その女性は一瞬何か気づいたような表情をして、

「 、、、あ、1冊読めるか…読めないかですね。」

と答えてくれました。

僕は『やっぱりな』って思ったんです。

「そっかぁ。でも、本屋さんに就職したら
 本を読めると思ってたでしょ?」

そう聞いたら、

「思ってましたね。笑」

と答えてくれたので、
一番気になっていたことを聞いてみました。

「じゃぁ、就職する前に本が読めるって思って本屋さんに就職して…
 就職したら本が読めなくなったっていう事実を知って、
本屋さんに就職したこと…後悔した?」

そしたら彼女は、

「してません」

即答でそう答えたんです。

これって、不思議だと思いませんか?

だって、本が好きで就職して結果的に本が読めないのに
後悔してないんですよ?

でも、その理由ってなんとなく分かるんですよね。
次に、

「今、この会社で働いていて
 この会社に入社してよかったなぁって
 そう思う瞬間って…どんな瞬間なの?」

と聞いてみました。

「うちのお店は田舎のなので、土日にはご家族連れのお客様が
 すごくたくさん来てくれるんです。
 だからおもちゃ売ってるんですけど、
 子どもたちがおもちゃを買ってくれて

 笑顔で喜んでくれたとき

 その子供たちの笑顔を見て…

 お父さんとお母さんも笑顔になるんです!

 その瞬間に、
 ここで働いていて
よかったなぁって
 そう、思うんです。」

と嬉しそうな表情をしながら答えてくれました。

僕は、彼女の話を聞いて思ったことがあります。

もしかしたら、
多くの学生は働く前に

 

『自分は何のために働くのか?』

『どんな価値観で働けば自分が活かせるのか?』 

『そのために今、自分が事前に取り組めることは何なのか?』

 

ってすごい真剣に向き合っているかもしれません。

でも、ちょっと表現が難しいのですが・・・

分かりやすいように極端に言うと、
あんまりそんなの関係ないなって思ったんです。

だって、
働く
その仕事の価値なんて分かりゃしないし、

働く
その会社で働いた時に自分がどんな気分になるかなんて

・・・絶対分からないんですよ。

それよりも、
働いてみたに、

自分で感じたことをどう受け止めるかっていう

 
解釈

 

それが

働く価値観

なんじゃないかなぁって思いました。

だから、本屋さんで働く彼女の言っていることは真実だなぁって思うんです。

本が好きで、本を実際にいっぱい読んでて、

「私はこんなに本が好きなんだから、本屋さんで働けば、
毎日本に囲まれて、本がいっぱい読めてこの幸せがもっと増える。」

そう思い描いて就職したんだけど・・・
実際に働いてみて彼女が得た価値は・・・

子どもたちの笑顔を作り、

その笑顔を見て・・・

日頃、頑張ってるお父さんや
頑張って育児や家事をしているお母さんが

笑顔になった瞬間を見ることができる

 

『喜び』でした。

 

この喜びは

働く前に

分かるわけが

ないんです!!

だから僕は、就職前に悩んでいる子がいたら、
この話をしてあげようと思いました。

「悩むことなんかない」

すごく極端に言うと、どこでもいいから
飛び込んじゃえいばいいと思います。

自分のことを求めてくれる職場があれば
そこで、その仕事を

自分の 天職 にしちゃえばいいと思います。

もしも、

 

「そうはいっても、事前に何かやっていなきゃ不安なんです。」

って思うなら・・・。

 

長くなり過ぎてしまった為♡

後半へ続く・・・

ABOUTこの記事をかいた人

☆ 鴨頭嘉人プロフィール ☆ YouTube講演家 鴨頭嘉人 株式会社東京カモガシラランド 代表取締役社長 高校卒業後、東京に引越し19歳で日本マクドナルドにアルバイトとして入社 4年間アルバイトを経験した後、23歳で正社員として入社。 30歳で店長に昇進。32歳の時にはマクドナルド3300店舗中、 お客様満足度日本一、従 業員満足度日本一、 セールス伸び率日本一を獲得し最優秀店長で表彰される。 その後も 最優秀コンサルタント。 米国プレジデントアワード、米国サークルオブエクセレンスと国内のみならず全世界のマクドナルド表彰も全て受賞する功績を残す。 2010年に独立。現在は組織構築・人材育成・セールス獲得についての講演・研修を行っている日本一熱い想いを伝える「炎の講演家」として活躍する傍、株式会社3社の経営とNPO法人1社の経営、出版社も運営。 著者としてもリーダー・経営者向け書籍を中心に12冊(海外2冊)を出版する作家としても活躍。 2013年、伝わるコミュニケーションスキル・伝えるスピーチスキルを身につける「話し方の学校」を設立。現在7,000名以上に【目的が達成できる伝達力】を教えている。2016年、出版社「かも出版」を設立。2018年、プロ講演家、セミナー講師として自ら成果の出た「自分の売り方」を体系化し、講師業に特化した「プロ講師の学校」を開校。 有料オンラインサロン人気ランキング日本第5位 良い情報を撒き散らす仲間を増やすコミュニティ「鴨Tube研究所」、日本第6位 良質で最新のビジネス情報を共有できるコミュニティ「鴨Biz」を主宰。 また、【良い情報を撒き散らす】社会変革のリーダーとして発信しているYouTube(通称 鴨Tube)は、登録者59万人を突破。講演家、自己啓発部門では日本一の影響力を発揮している。 世の中のサービスパーソンを元気にする活動『ハッピーマイレージ』の創始者。