公式|「キャリアプランを考えるな!」鴨頭嘉人流「人生設計の立て方」②

「マクドナルドからの独立」。僕だって、こんな未来を描いてなかった

例えば俺なんかも、東洋経済オンラインというところに受けた取材が今でも残っていて、
Yahoo! ニュースに載ったけど、
「『マクドナルドの厨房で死ぬ』と言い切る男」って記事があるわけ。
あれ結構バズったんだけど。
いやそれ独立してからのインタビューなんだよ?
だけど俺は「マクドナルドの厨房で死ぬ」って言い切ってたのよ。
「俺が死ぬ場所は厨房だ」って。
その舌の乾かぬうちに独立みたいな。
「世界を変える」とか言って。
もう言ってるわけよ。
独立した時は「とりあえず会社を作ろう」つって。
株式会社東京カモガシラランドとか作って、「ヤベェ俺社長だ!」みたいな。
社長になるなんて俺思ったこともない。
だって公務員の息子で、社長っていうのは、特別な人しかなれない職業だと思い込んでたから。
ところが社長って誰でもなれる。
だって紙切れ税部署に申請を出して、行政書士さんに当時19万円、 今だったら22~3万か払えば、誰でもなれるわけ。
いい?アルバイトより簡単になれるんだよ。
だってアルバイトって面接でクリアしないとなれない。
社長は紙とお金でなれる。
難易度はアルバイトの方が上なんですよ。
そんなこと知らんかった。
でも社長になれて嬉しかった。
ところが今どうなっているかというと、株式会社3つとNPO法人1個の社長だわ。
そんなの俺を「厨房で死ぬ」って言ってたんだよ、俺。
マックの厨房で死ぬ。別に全然悪くないそれもありよ。
でもこれもありよ。
全く未来なんて予想つかないよ。

新しいものに全力で取り入れていった末に出会った「YouTube」の世界

YouTubeでチャンネル登録102万?
独立した時に考えたことないよ。
YouTubeって知らなかったもん。
何なら「ようつべ」って読んでたクラス。マジで。
俺そのとき知ってたSNSって、アメブロとmixi(ミクシィ)だもん。
それで「Facebookとかいうのが来たらしい」と。
「Facebook?顔の本ってなんだ」みたいな。
そんな感覚。
でも「とりあえず新しいものをやるべきだ」と。
俺なんでかというと、後発だから。わかる?

次回:3) 鴨頭嘉人が説く最後発からのトップの狙い方とは?

ABOUTこの記事をかいた人

人材育成・マネジメント・リーダーシップ・顧客満足・セールス獲得・話し方についての講演・研修を行っている日本一熱い想いを伝える炎の講演家。 「良い情報を撒き散らす」社会変革のリーダーとして毎日発信しているYouTube(通称:鴨Tube)の総再生回数は1.7億回以上再生され、チャンネル登録は100万を突破。日本一のYouTube講演家として世界を変えている。 また、著者としてもリーダー・経営者向け書籍を中心に15冊(海外2冊)を出版する作家としても活躍している。