公式|「キャリアプランを考えるな!」鴨頭嘉人流「人生設計の立て方」①

「キャリアプランはいらない」マクドナルドの社長が放った、意外な言葉。

俺、マクドナルドで働いてた時に、人事部で採用をやっていたんですよ。
その時に新入社員さんの入社式っていうのを、東京国際フォーラムとかで行うんですけど。
人事部だった時、当時社長だった原田泳幸さんが新入社員向けにスピーチしたんです。
原田さんって、超優秀なんですよ。
優秀なんですけど優秀な割に…優秀な割にスピーチはそうでもないんですよ。
言ってる意味わかる?
スピーチが下手なんじゃないんだよ。
スピーチが下手なんじゃないの。
もっと能力高い割に、その能力レベルのスピーチはできてない人なんですよ。
なので、あんまり期待してなかったわけ。
ところがめっちゃその時のスピーチが良くて。
今でも覚えてるんですけど、新入社員がバーッとこう並んでるやんか。
「最後、原田社長からみんなに激励の言葉があります」って言って、
パチパチパチって原さんがバーッと行って、
“「よくうちの人事とかもそうかもしれないし世の中の人事の人が就職活動中の学生さんにね、『将来のキャリアプランは?』って聞いたりするよね。みんなも就職活動した時にいっぱい聞かれたと思うけど、将来のキャリアプランなんてねいらない」”
って言ったの。
「おぉっ」と!

目の前のことに全力で取り組めば、キャリアは自ずとやってくる

もうめっちゃ「キャリアプラン、キャリアプラン」と言いまくってた人事部だったので。
正直言って俺はまったく「そんなことはいらん」と思ってたんだけど、でも
人事部に行って数カ月でまだ仕組みを変えきらないで、俺もう忸怩(じくじ)たる想いのタイミングに、原田さんがズバリ言ったわけ。
“「キャリアプランなんかいらねえんだよ」”って。
「来たー!」ってなって。
もう人事部全員凍り付いて「えっ…」ってなって。
学生はめっちゃ熱い目線で原田さんの話聞いてて、
“「キャリアプランなんかいらないよ。だってさ分かるわけないだろ。」俺だってわかんなかったよ。」”
原田さんって、マクドナルドの社長までやってあんなにすごい経営者だけど、
例えば大学で言うと東海大学。
たいしていい大学じゃないわけよ。あのポジションにしては。
藤田さんとか東大やからね。
もう超優秀だけど、原田さんって東海大学だから別に学歴もたいしたことないわけ。
最初に就職した会社は、電気技工士として就職してるわけ。元電気技工士よ。
その後アップルコンピューターに行って、アップルコンピューターから、
突然マクドナルドから引き抜かれてマクドナルド社長やってるわけよ。
「そんなの自分のキャリアプランにはなかった」って。
「だから本当のキャリアプランというのは、目の前のやりたいことにすべてを捧げることだ」って。
「そうすればキャリアは向こうからやってくるんだ」って。
俺もう感動して新入社員熱い眼差し。
人事部「ヤベェ」って震えている。
俺だだ泣き。
「はあー」とか言って。
俺「この人ほんまもんだ」と思ったのよ。
その通り。
今やりたいことが一番エネルギーが出るわけ。
今の自分のMAXのパワーが出る。
そこにすべてを投じれば、キャリアは向こうから来るよ。ちょうどいいのが。

次回:2) 鴨頭嘉人ですら予測することのできない「未来の切り拓き方」とは?

ABOUTこの記事をかいた人

人材育成・マネジメント・リーダーシップ・顧客満足・セールス獲得・話し方についての講演・研修を行っている日本一熱い想いを伝える炎の講演家。 「良い情報を撒き散らす」社会変革のリーダーとして毎日発信しているYouTube(通称:鴨Tube)の総再生回数は1.7億回以上再生され、チャンネル登録は100万を突破。日本一のYouTube講演家として世界を変えている。 また、著者としてもリーダー・経営者向け書籍を中心に15冊(海外2冊)を出版する作家としても活躍している。