上手な話し方にはコツがある「原稿や資料を読むのが上手い人、下手な人。何が違うの?」

「感情が込もってなければ駄目」

っていう感覚を離すということですね!!

多分

「うまく話せた」

という実感を

「自分の感情を

 乗せてしゃべれた」

と混同してるんですよ!!

それは僕も含めて
言ってる意味 わかります?

「今回はうまく

 表現できたなあ」

というのは

「自分の感情も

 乗せることができたなあ」

っていうことを

「うまくしゃべれた」

と私たちは表現

してるわけですよ!!

でも 例えば僕に初めてスピーチを

教えてくれた

西任暁子さん

彼女はFMラジオの

カリスマDJなわけですよね!!

彼女が自分の感情を乗せて

しゃべったことなどほとんどないんですよ!!

どういうことか?

リスナーさんとか

ゲストさんとか
時にはメーカーさん

広告主が伝えたいことを
上手に伝えるという仕事なんですね!!

だから自分の感情なんて

かけらも無いんですよ!!

だけど上手に彼女は

しゃべれるんですよ!

なぜなら彼女が

上手に話すということは

「正確に相手に

 届けるべきものを

 届ける」

 

っていう概念になっている
そこに

「自分の感情が

 乗ってなければいけない」

が入ってないんですよね!!

だから上手にしゃべれる

という実感が ちょっと

今 我々が
もしも

「自分の感情が

 乗せられたなあ」

っていうこの実感が

「上手にしゃべれたなあ」

と思っているのであれば
間違っているところがある

ということですね!!

もちろん 自分の感情を

乗せて表現できたことは

表現としては

価値があると僕は思ってるんですよ
だけど それが

「上手に伝えられた」

と イコールではない
だから

「自分の感情を

 乗せてしゃべれた」

という実感が

「うまくしゃべれた」

と思っては ちょっとおかしいので
そこからちょっと1回

切り離した方がいいな

という風に思います!!

これが1つ目の答え

そうそう

「感情が込もってないと駄目」

という感覚から離れる
そうだね

じゃあ どういう感覚になって… もう1つのね
どうやったら固定文章でも

うまく話すっていうところに
うまくっていうか

しっかりくるかというと

あくまで

「聴き手にとって

 価値があるか」

どうか
そこにやっぱり立ち戻るということですね!!

自分の感情が乗っているかというのは
あくまで ちょっと極端に言いますよ!!

 

自己満足レベル

「上手にしゃべれた」

であって
相手に伝わったかどうかとは

また別の話なんですよね!!

例えば商品の紹介

例えば何でもいいわ

「この時計って

 いい時計なんですよ」

っていうことを

「いやマジで

 この時計やばいですよ

 もうこの時計を着けて

 街を歩いている時の

気持ちわかります?」

っていうのが

「うまくしゃべれた」

っていう風に
極端に言うと ちょっとなり

かかってるということ

我々は ややね
少し寄ってるってことね!

 

でも そうじゃなくて

「この時計の素晴らしさは

 まずは この塗装に

 あるんです!!

 この塗装というのは

 まず あまり太陽の光など
 それから照明などに当たっても
 強く反射し過ぎないように柔らかく
 つまり光をそのまま直接

 相手に向けないように

 なっている
 そういう塗装に

 なっているので

 目が疲れない
 これはもちろん

 他の人に対してもそうだし
 自分自身が時計を見る時にも

 目が疲れないという

 効果があります」

これって感情乗せるかどうか

あんまり関係無くないですか?

商品を買う人にとって
要は極端に言うと

テレビのCMとか

ラジオのCMで
DJとかMCの人があまりにも

「この商品がいい」

っていうことを感情を乗せると
消費者ってどう思います?

「嘘くさい」

と思いません?
例えばいい例か

どうかわかりませんけど

テレビショッピング
テレビショッピング

ってめちゃめちゃ

紹介する人が感情を乗せることに

寄っている例だと思うのよ

「これはすごいですね!」

「本当に素晴らしいです!」

って言っているのを見て

「うわあ 本当に素晴らしいんだ」

と思ってる?
僕 思ってないですね

「わざとらしい演技だなあ」

って思うんですよね!!

昔はそういうのが伝わった

かもしれないですけど

なんか今 もう消費者が

賢くなってきているので

感情を乗せた表現で商品紹介をすると

かえって不信感っていうのを

想起させることがあるので
1つの例ですけど

自分の感情を乗せて表現することが

本当に聴き手にとって

いいことかというと

そうとは限らない

ということを理解して

「自分はどんな役割を

 今 担っているんだろう?」

という風に
シフトした方がいいと思いますね!!

固定文書を読む時というのは

その文章を理解する!!

要は相手が理解した!!

意味がわかった!!

「なるほど

 そういうことか」

っていう理解 納得が
リーチ点になっていると思うんです

固定文章っていうのは
ということは

「わかりやすく話す」

っていうゴールを達成すればいい
目的か

「わかりやすく話す」

っていう目的

「相手が理解できる」

っていう目的
を達成する時には

実は自分の感情というのは

必要ないっていうことに

気づくと思うので

なので すごく伝わることは

必要がなくて

ちゃんと理解できる

逆に言うと ちょっと

人間の特性から少し離れた方が……

何言ってるんだ 俺

話している人があんまり

出過ぎちゃうと

かえって伝わらないことって

あるんですよね!!

西任さん

言われたことあるわ それ

「鴨さんは

 鴨さんが出過ぎで

 鴨さん以外が伝わらない」

みたいなこと言われたことがあるの

「もっとコンテンツを

 伝えなさい」

みたいな

「相手はコンテンツを

 受け取ってません

 鴨さんを受け取ってます」

みたいな
正直に言うと そのアドバイスは

めっちゃ的を得てるけど

僕の人生理念や僕が

講演家としてしゃべってる

目的とはずれてたので

採用しなかったわけですよ!!

僕はコンテンツ

提供したいんじゃないですよ!!

人気者なりたいんですよ!!

ということは

コンテンツ

売れることよりも
僕が売れることの方が

価値があったので

西任さんのご指摘

アドバイスは

めっちゃ的を得てるんだけど

不採用
僕の目的と違うからですね!!

これいい? 合ってる? 大丈夫?

全然 ディスってません
彼女の言ってることは正しいので

彼女はやっぱり
ディスクジョッキーっていう

役割を果たしてきたので

DJだけが売れちゃうのって

メーカーさんは喜ばないんですよ!!

広告主は自分の所の

会社の商品が売れたり
ブランドイメージが

上がることがゴールであって

DJが売れることは何も

喜ばない人たちなので

そうそう アナウンサーのニュースの

原稿の読み方ってまさにそうですね
アナウンサーの人が

「今日の原稿読み

 俺マジ完璧だった」

みたいなやつって 一番伝わりにくいんですよね

「あいつ自己陶酔してね?」

みたいになっちゃうので

「明日の天気は快晴です!

 間違いない!
 今日は少し曇ってたけど

 どうか期待してください!
 明日は快晴!

 降水確率0%です!」

とか言われちゃうと

「うるせえよ」

ってなるでしょ

「明日の降水確率は

 0% 快晴です」

みたいなね
そっちの方が伝わりやすいじゃないですか
この時に読み手の人が

「すごく上手に読めた」

ってなってますかね?
多分なってないと思うんですよね!!

実感が伴う必要性がないので

だから結局 定型文っていうのは
定型文そのものに価値があるのであって

読み手には価値がない
聴き手にとって

そうなってた方がいいんですよ!!

読み手よりもコンテンツ
文章の方がちゃんと相手に

伝わってることが大事なので
だから僕なんかは講演家
自分を売ることを生業としてるから

こういう風に コンテンツよりも

鴨頭みたいな感じになるんですけど

でも定型文を読む時は多分
定型文の文書の内容そのものが

相手にとって価値があるので
自分が

「うまく話せたな」

という実感はいらないと
手放した方がいいっていう風に

僕は思います!!

ABOUTこの記事をかいた人

☆ 鴨頭嘉人プロフィール ☆ YouTube講演家 鴨頭嘉人 株式会社東京カモガシラランド 代表取締役社長 高校卒業後、東京に引越し19歳で日本マクドナルドにアルバイトとして入社 4年間アルバイトを経験した後、23歳で正社員として入社。 30歳で店長に昇進。32歳の時にはマクドナルド3300店舗中、 お客様満足度日本一、従 業員満足度日本一、 セールス伸び率日本一を獲得し最優秀店長で表彰される。 その後も 最優秀コンサルタント。 米国プレジデントアワード、米国サークルオブエクセレンスと国内のみならず全世界のマクドナルド表彰も全て受賞する功績を残す。 2010年に独立。現在は組織構築・人材育成・セールス獲得についての講演・研修を行っている日本一熱い想いを伝える「炎の講演家」として活躍する傍、株式会社3社の経営とNPO法人1社の経営、出版社も運営。 著者としてもリーダー・経営者向け書籍を中心に12冊(海外2冊)を出版する作家としても活躍。 2013年、伝わるコミュニケーションスキル・伝えるスピーチスキルを身につける「話し方の学校」を設立。現在7,000名以上に【目的が達成できる伝達力】を教えている。2016年、出版社「かも出版」を設立。2018年、プロ講演家、セミナー講師として自ら成果の出た「自分の売り方」を体系化し、講師業に特化した「プロ講師の学校」を開校。 有料オンラインサロン人気ランキング日本第5位 良い情報を撒き散らす仲間を増やすコミュニティ「鴨Tube研究所」、日本第6位 良質で最新のビジネス情報を共有できるコミュニティ「鴨Biz」を主宰。 また、【良い情報を撒き散らす】社会変革のリーダーとして発信しているYouTube(通称 鴨Tube)は、登録者59万人を突破。講演家、自己啓発部門では日本一の影響力を発揮している。 世の中のサービスパーソンを元気にする活動『ハッピーマイレージ』の創始者。