突き抜ける人と突き抜けない人の明確な違い

 

「つらい」

とかは本当に ほぼ無くて

ただね

「悔しい」

は何回も何十回もあった
悔しいと思った数 半端ないね!!

悔しいというのは

大体自分が思い描いた夢というよりは

どっちかというと

具体的な目標値だね‼!

具体的な目標の数値に対して

「なんでいかないんだ」

っていうのは
というかほぼいかなかった ほぼ
例えば 僕の場合
数がカウントしやすい

仕事ではあるわけですよ!!

どちらかというと
例えば講演会

80人の講演会の会場を

予約するじゃないですか‼!

「80人満席いえーい」

とか言って
ヒロキング

やるじゃん

集客

これあって

あれやって

これやって

それやって

これやって

とかってやるじゃない

そうすると実際の当日になると
事前予約25人 当日13人

みたいなことが起きるんですよ!!

平気で
13人しか集まらないと

絶対赤字なんですよ!!

要は講演会 自分で企画して
集客して 時間かけて
赤字っていうのを
何回も何回も繰り返していて
そのたびに

悔しくて悔しくて

その後も

「話し方の学校」

って これ高額講座なので
話し方の学校

おかげでうちは

キャッシュがある程度

回るようにはなったんだけど

それでも 入学体験講座って

やるわけですよ!!

入学体験講座

一番集客するのが大変で

そこに 目標10人
忘れもしない渋谷の会議室って
夜の5時から10時かな

夜の部だけで
1日3万5千円

とかなんですよ!!

 

渋谷の会議室
高いんですよ!!

だけど

入学体験講座

1人5,000円で

集客するんですけど
一番少ないとき
1人だったんですよね!!

今でも覚えてる

アヤパンっていうんですけど
1人しか来なくて
その時こっちの体制は
僕でしょ それから

ヨシイナナちゃんでしょ!!

それから事務局の

ヒロキングでしょ
それから あと誰が居たっけ?
タカだ タカさん

こっち4人で待ってて1人よ わかる?
講師1人 フォロー3人 受講生1人
わかります?この感じ
ちょっとでも高圧的だと
消費者センターに

連絡行くやつやんな

完全にな

しかも俺 喋ってるわ
ヨシイナナ

声かけるわ

まあタカさん

ただ笑ってるだけだけど
そんな感じだから

ヒロキングは…

まあいいや
そんな感じだったんで

悔しくて悔しくて
毎回 講演会

入学体験講座赤字
目標達成したことは ほぼ無いですね!!

じゃあその目標の数値を達成…もっとあるわ

「私は自分の仕事が大好き大賞」

を忘れちゃダメじゃないですか

「私は自分の仕事が大好き大賞」

は 数値的に言うと
これほど黒歴史はございませんからね!!

一番派手なやついきましょう!!

 

パシフィコ横浜
第3回大会で借りたわけだ
5,000人のホールですよ!!

周りからめっちゃ言われるわけ

「さすがっすね!」


「パシフィコ横浜で

 イベント

 やってるんですか!?」

とかって言われるわけですよ‼!

まあでも正直言えば予約しただけだから
予約はね お金さえあればできるんですよ!!

ちなみに

予約だけで80万です!!

2年前に払います!!

そこから2年かけて

集客

2年かけて

集客って言っても

2年後の前に
1年後の 違う小さいホールの

集客しているから
実際には1年間でやるんですけど
毎月のように 月1回以上か
理事会を開いて

集客についての

ディスカッションやって
だんだんだんだん日にちが近づいてくると
全く売れないもんだから
要は理事のメンバーに

「お前100枚握れ


「余ったら

 わかってるよね?」

みたいな わかります?

「余ったらどういうことが

 わかりますよね?」


「これもう

 買取ですからね」

みたいな
ほぼ脅迫ですね‼!

あまりにも脅迫で渡すもんだから

だんだんだんだん理事が

減っていくんですけど
そんな感じで
それでも 一番少ない時ってあれ
本当にイベント ばーっとやって
最後に自分が
「NPO法人ハッピー

 マイレージ代表理事

 鴨頭嘉人に
 最後に皆さんに

 感謝の言葉を

 お伝えさせて頂きます」

ってバッと上がるじゃないですか!!

5,000人のホールですよ!!

700ぐらいしか居ないんだよね!!

5,000人のホールで700人って

わかります?

どんな雰囲気になるか?
お客さんが

「大丈夫か?このイベント」

みたいな

「来年もあるのか?」

みたいな
そんな感じだった
ボランティアスタッフ120人

ぐらい 居るんですよ!!

ドアオープン!

ってやったら

ボラスタのほうが多いみたいな
お客さんの方が少ないみたいな感じで

そのイベント 1日のイベントで

600万ぐらい

赤字を出しながら
でも2年後まで予約してるから
もう止まれないわけですよ!!

それで 本当に
第6回大会だ
初めて満席になって
それは

東京国際フォーラムのCホールなので

1,500人なんですけどね!!

 

満席になって みんなと達成の涙を流して
今年は

「鴨頭嘉人の働き方革命」

というふうに
名前と主催団体を変えて
パシフィコ横浜

1階客席3,000人

という目標で
3,000人ちょうどだね !!

満席になって
だからこの2年です!!

うちが数値目標を

達成できるようになったのは

この2年より前 3年前までは
もうほぼ達成したこと無いですね!!

だから全部自分たちが主催したイベント
100%

「悔しい」

しかなかった
俺はあれなんですよ!!

「目標 達成してないけど

 よく頑張ってる」

とか嫌いなんですよ!!

「よく頑張ったね」

って言ってしまうと
サボってしまうし 許してしまう気がして
絶対

「悔しい」

大切にしたいんですよね!!

でも1つ付け加えるならば
僕は「悔しい」

プラスだと思ってるんですよ!!

「悔しい」って

エネルギーが出るんですよ‼!

「悔しい」

とかなんないね

「悲しい」

とか

「つらい」

マイナスになる

イメージあるんですね!!

 

悲しくなっちゃうとちょっと力 出なくなるし

「つらい」

と思うとやめたくなっちゃうんで
でも「悔しい」って言って
エネルギー落ちること無いよね!!

体育会系だったからかも

しれないのも含めてね!!

でも違うな もっと小っちゃい頃からだ

うち兄弟 2人兄弟なんですけど

兄貴は3つ上で
小っちゃい頃って3歳の差って

身体の違い大きいじゃない

俺はあれなんですよ!!

小っちゃい頃から
口喧嘩

負けたことが無いんですよ!!

うちのお袋
「あんたはね

 口から生まれてきたんよ」

っていうぐらい

すごい喋る子だったんですよ!!

小っちゃい頃から論理的に

喋る子だったらしくって

だから

「兄貴の言っていることは

 こういう意味で矛盾してる
 だから俺が言ってることが正しい
 でも兄貴は自分が

 歳が上っていうだけで
 それを認めたがらないと
 プライドが高いだけだ

 中身が無いみたいなことを」

小学校のころから言う
そんなのムカつくから兄貴は

ガーンって手が出るやんか
それで殴られて悔しい思いしたよね!!

だって論理的に正しいのに

負けるわけよ

わかります?

 

筋道立ってるのは俺なのに

負けるのよ!!

いつも血まみれになるわけ
男の兄弟喧嘩って

血が出るまでやるから

「なんで俺が殴られて

 なんで俺が最後 泣いて

 最後なんで俺だけが

 血だらけになって

 負けるんだ」


悔しくて悔しくて
もう卑怯な手に出たね 俺は
どんな卑怯な手に出たかというと
ちょうど血がちょっとでも出た瞬間に
親父にチクリに行くんですよ!!

そうすると親父が
殴ってくれるんですよ !!

兄貴を

「やったおあいこだ」

みたいな

「次は見てろ」

みたいな
そういう小っちゃい頃から

「悔しい」

ある意味エネルギー的に

言うとプラスだね!!

エネルギー値は絶対上がるんですよ!!

なんなら 達成した時よりも

エネルギー値が高いかも
どう? ちょっとこれ男と女の違いがあるか?

もしかしたら
いや男も女も 大体ここ綺麗な女の人しか居ないけど

中身男が多いからもう一緒にゴチャまぜでいくわ

どっちかっていうと私はこれまで

「悔しい」って思いが出た時には

エネルギー値で言うと

プラス

なるなっていうタイプの人だけ
手を挙げてもらってもいいですか?

やっぱりそうなんだな
そういうことだ そういうことだ
そういうことなんだよね!!

やっぱりそういうタイプだから

ここに集まってくるんだな!!

だからそういう意味では

達成はずっとしてなかった5年間

独立してからだと7年間か

7年間ずーっと目標では負け続けて

悔しい思いを続けたおかげで
エネルギーが下がる暇が無いのよ!!

毎回 負けてるからさ
毎回 勝ちたいから

ずーっと燃えてるわけよ‼!

だから周りから見たらつらそうに見えた

可能性はあるわ
いつもやられてるから

負けてるから
だけど

「つらい」

とか全く無かったし

「悲しい」

とか全く無かったし
僕の中の定義は

「つらい」

「悲しい」

マイナスになっているという定義ね
それは無かった

「絶対見返してやる」
「いつか見てろよ」

「満席にするぞ」
パシフィコ横浜なんか

パシフィコ横浜に言ってたからね 俺ね
パシフィコ横浜さん

言ったんだよ わかります?

ホールに向かって

「来年見てろよ」

「絶対満席にするから

 驚くことになるぞ」

とかやってたからね 海側ね 誰も見てないほうに
みんなが一番忙しい時間に俺だけそっちに行って

「見てろよ お前来年」

って

「うちのボラスタがな
 お前を満席にする

 日を待っている
 その時な

 俺たちは泣くんだ」

って

「それお前は

 見ることになるからな」

とかって
パシフィコ横浜

話しかけてるのは多分俺ぐらいしか

居ないと思うよ!!

そういうふうに

「悔しい」

っていうのを

プラスのエネルギー

だと感じて
やり続けていたっていうのが
これまでの感情です!!

以上です!!

ABOUTこの記事をかいた人

☆ 鴨頭嘉人プロフィール ☆ YouTube講演家 鴨頭嘉人 株式会社東京カモガシラランド 代表取締役社長 高校卒業後、東京に引越し19歳で日本マクドナルドにアルバイトとして入社 4年間アルバイトを経験した後、23歳で正社員として入社。 30歳で店長に昇進。32歳の時にはマクドナルド3300店舗中、 お客様満足度日本一、従 業員満足度日本一、 セールス伸び率日本一を獲得し最優秀店長で表彰される。 その後も 最優秀コンサルタント。 米国プレジデントアワード、米国サークルオブエクセレンスと国内のみならず全世界のマクドナルド表彰も全て受賞する功績を残す。 2010年に独立。現在は組織構築・人材育成・セールス獲得についての講演・研修を行っている日本一熱い想いを伝える「炎の講演家」として活躍する傍、株式会社3社の経営とNPO法人1社の経営、出版社も運営。 著者としてもリーダー・経営者向け書籍を中心に12冊(海外2冊)を出版する作家としても活躍。 2013年、伝わるコミュニケーションスキル・伝えるスピーチスキルを身につける「話し方の学校」を設立。現在7,000名以上に【目的が達成できる伝達力】を教えている。2016年、出版社「かも出版」を設立。2018年、プロ講演家、セミナー講師として自ら成果の出た「自分の売り方」を体系化し、講師業に特化した「プロ講師の学校」を開校。 有料オンラインサロン人気ランキング日本第5位 良い情報を撒き散らす仲間を増やすコミュニティ「鴨Tube研究所」、日本第6位 良質で最新のビジネス情報を共有できるコミュニティ「鴨Biz」を主宰。 また、【良い情報を撒き散らす】社会変革のリーダーとして発信しているYouTube(通称 鴨Tube)は、登録者59万人を突破。講演家、自己啓発部門では日本一の影響力を発揮している。 世の中のサービスパーソンを元気にする活動『ハッピーマイレージ』の創始者。