上司が放っておかない働き方と一番楽な働き方の共通点とは?

炎の講演家!鴨頭嘉人講演会

僕はマクドナルドでアルバイトとして4年、社員として21年働いた後に

独立しました。
マクドナルドで働いていたときは
ありがたいことに日本国内でNo.1の店長となり、全世界でも数々の賞をいただくことができました。
最近、講演会の後で

「鴨さんはマクドナルドでどんな働き方をしていたんですか?」
という質問をされる事が増えましたが、

その答えの中に…
会社組織の中で活躍するためのヒントがあると思ったので

今回紹介したいと思いますっ。

まずマクドナルドでアルバイトをする
理由っていうのは、

家が近いからとか遊ぶお金がなくて困っているから
という理由が多いんですが、

僕の場合はその2つと合わせて
友達に無理やり誘われたから(笑)でしたっ。

どんだけモチベーションゼロなんだっていう
状態からアルバイトを始めることになったんですが、

僕は初日にアルバイトリーダーのマネジャーに怒鳴られたことで…自分自身の中のスイッチがいきなりONに入ったんです。

「誰だ!こんなハンバーガーつくったヤツは!!

こんないい加減な仕事するなら帰れ!!」

そう怒鳴られた時…心の中でこう思ったんです…

「なんだよ先輩ヅラしやがって…

絶対仕事出来るようになって、見返してやる!!」

 

しかも怒鳴ってくれた人はアルバイトマネジャーだったので…
「あの人を抜くんだ!!」っていう

『超明確な目標』

ができたんです!!

そして、目標が明確になったことで
自分の行動が劇的に変わりました。
『人は明確な目標で行動が変わる』

正しさや美しさよりも、明確である事が重要なんです。

 

それから
僕は怒涛の働きをすることになりました。

マクドナルドで出世するには、今までできなかった新しいポジションを覚えていかないと出世できないんです。
でも、普通に待ってたら

他の人と同じペースでしかそのチャンスはやってこない…。
だから、僕の場合は
とにかくチャンスを自分の目の前にたぐり寄せるために休みの日にわざとお店に行くんです。
そして、
「おはようございます!」って言ってユニフォーム着替えて
バーンって入っていくと、先輩に

「鴨頭、お前休みじゃないの?」

って聞かれるんですが、

「今日は新しいポジション覚えたいんできちゃいました!!」

ってアピールして働くんです。
そういうアルバイトって
先輩からするとかわいいですよね。

自ら成長する為に働く人間を見て、
嫌な気持ちがする人は…いない。
「お前本当元気だなぁ。」

「すごいなぁ。じゃぁ、今日新しいこと教えてやるよ。」

嫌な顔1つせず
どんどんどん新しい仕事を教えてくれました。
そうするとこっちも、

「期待に応えたい!」
っていう気持ちになり

頑張れるんです…!!

 

頑張る理由が…

『自分の為だけじゃなくなる』

そうなると強いんです!!
仕事の技術が速く身につくのはモチロン!!

上司、先輩との人間関係までも良くなっちゃいます!!
『自分の成長と人間関係の改善』

この二つが同時に手に入るんです!!

 

そしてもう一つ…

『特別な結果が欲しければ、特別な行動をする』

 

僕はとにかく速く仕事を覚えて…上司に認めてもらい、会社の中で活躍したかった…。

だから、他の人がしない…特別な行動をするようになります。
例えば…

「鴨ちゃん休憩ね」
って言われたら、

休憩中…ゴミ置き場のデッキがけを始めます。
「お前休憩っていっただろ!」って言われても…

「はい、今休憩中です!」って
言いながら…ニコニコ働いてました!!

 

そのうち僕は誰からも一目置かれる存在になっていきます。

それはそうですよね。
だって、自ら進んで人のやりたくないことを…自分の時間を削ってやるっていうのは…

『特別なこと』だから。
そのときの自分は

『特別扱いをされたかった』し、

『特別に速くタイトルアップしたかった』し、

『速くお金を稼げる人間になりたい』
っていう願望があったんです。

だから

『特別な結果が欲しくて、特別な行動』をすると決めていました!!
もしかしたら『現場でオレは認められない』って不満に思ってるような人がいるかもしれませんが…

その理由は、特別認められたいのに
普通のことをやっているからだと思うんですよ。
もし特別な人間になりたいとか特別に認められたいんであれば…

特別なことをやればいいんですっ!!
僕の場合は、スイッチが入った瞬間から頭で考えるんじゃなくて…

『とにかくみんなに認めてもらえる行動は何だろう?』っていう事しか考えてなかった。
人がやらない行動をとっていると、時には批判の的になる事もありました…。

「なんだアイツ…上司に気に入られようとばっかりして…。」

「あんな事、やる必要ないんだ。」

「会社はそんなところじゃない。」

ある意味…人と違うだけで、やっかみが入りやすいのかもしれません。
でも、その時に…その人を一切批判や否定することなく…

「あ、この人はこういう考え方なんだな」って理解して…

「じゃぁ、僕はどうしたいのか?」

っていう『自分の内側の声』を聞いて働くことが

実は『一番楽な働き方』なんじゃないかなって思ってます。
マクドナルドで働くまでは、
一番楽な働き方は、『人より何もしないこと』だと思ってたんですが…

実際に働いてみて分かりました。
一番楽な働き方っていうのは…

『自分がどうなりたいかに合わせて働くこと』なんです!!
僕の場合…

誰よりも早く仕事を覚えたくて
誰より早く出世したくて
誰より早く活躍したかったので、

『その想いに一致する行動をとる事』が…一番楽な働き方だったんだなぁって…今振り返って思います。
だからこそ、周りから批判を浴びても辛くないし、
むしろ気持ちがいいって思えてたんだとも思います。
あと、
今振り返ってみて『辛かったとき』って、自分の願望に向かってるんじゃなくて…

『周りの声に合わせて働いてるとき』

だったなぁって思います。

 

そして、楽だったのは
決して労働時間が短いとか効率良く仕事をやってるときじゃなくて

『なりたい自分に全力だったとき』
僕の場合は、仕事において楽で楽しいっていうのは…

効率よく働く事や楽して稼ぐ事じゃなかった。

チャレンジをしたり、成長を感じれたり、出来なかった事が出来るようになった時。

そういう時に楽しめたなぁって思います。
だから、
特に今、働き始めたばかりの人とか
アルバイト、社員、あるいは起業したばっかりの人で…

成長したい時には

どうやって効率よくうまくいくかってことを考えないで…

『なりたい自分になるためだったら何だってやる!』って振り切って

『今はこれが一番いいんだ!』って
決めつけちゃって

がむしゃらに働くのが、楽で楽しい働き方なんじゃないかなって思うんです!!

『自分で自分の責任を取りに行ってる時が…イチバン楽!!』

これが僕が今まで働き続けて
確信もって言えることですっ。

何か感じるものがあれば嬉しいですっ!

最後まで読んでいただき、ありがとうございましたっ!!

 

炎の講演家!鴨頭嘉人講演会

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

人材育成・マネジメント・リーダーシップ・顧客満足・セールス獲得・話し方についての講演・研修を行っている日本一熱い想いを伝える炎の講演家。 「良い情報を撒き散らす」社会変革のリーダーとして毎日発信しているYouTube(通称:鴨Tube)の総再生回数は1.7億回以上再生され、チャンネル登録は100万を突破。日本一のYouTube講演家として世界を変えている。 また、著者としてもリーダー・経営者向け書籍を中心に15冊(海外2冊)を出版する作家としても活躍している。