お金持ちは悪い人と答える中高生80%‼️

 

今日は、2月26日に行われた森田市郎さんとのコラボ講演会での内容を、、、

特別に、少しだけご紹介しまーす*\(^o^)/*❤️

 

それから日本の残念な文化についても、少しお話させてください💦


本題に入る前に、お知らせをさせてください*\(^o^)/*

 

=====

 

お知らせ1つ目

 

3月20日の夫婦講演会は現時点で820名以上の方が参加予定です❤️

 

本当にありがとうございます*\(^o^)/*

 

生きていてストレスを感じている人の、ストレスがぶっ飛ぶような‼️

夢を持っている人がその夢に向かってガンガン動けるような‼️

 

そんな、刺激たっぷりな内容にしようと思っております🔥🔥🔥


「日本初のYouTube講演家 夫婦が語る!仕事・パートナーシップ・人生を思い通りに生き抜く極意!」

2021年3月20日 (土)

13:00開演 14:30終演予定

(※こちら→)https://kamo320.peatix.com/


=====

 

お知らせ2つ目

 

クラウドファンディング!

「コロナ禍で苦しむ飲食店を救え」の現状ですが、

 

支援者数 544名!🔥

支援金額 9,748,500円!!🔥

達成率  487%!!!🔥

 

本当に、ありがとうございます!!!

 

こんな風に「応援する和」が広がってきているということが嬉しいです💓

気持ちがいいです💓

 

残り7日間、暖かいご支援をどうぞよろしくお願いします!


クラウドファンディング

「コロナ禍で苦しむ飲食店を救え」

(※こちら→)https://silkhat.yoshimoto.co.jp/projects/2521

 

=====

 

▼ 舞台はすでに整っている


今日は、2月26日に行われた森田市郎さんとのコラボ講演会での一幕からお伝えしたい内容があります‼️


今回のコラボ講演会のテーマは、大きく分けると二つありました。

 

一つ目のテーマは「キレイゴトで食べていく」でした。

 

「もっと良い世界にしよう」とか「優しい世界にしよう」というような、そんな優しい気持ちを持っている人がちゃんと食べていけるようにするためには、どんな考え方を持ってどんな行動をとったら良いか、という内容です。


今回の講演は最初に僕が60分喋って、その後森田市郎さんとの対談60分というようなプログラムになっていたので、前半は僕が「キレイゴトで食べていく」ということについて集中して話をさせていただきました。


講演の内容を、ここで少しだけご紹介しますね*\(^o^)/*💓


ざっくり言うと、世の中に「キレイゴトで食べていく」ための様々なツールは揃いましたよね、という話でした。

 

例えば自分が考えているキレイゴトを発信するための YouTube だったり、 Facebook や Twitter や Instagram だったり、ツールはすでに揃っています。

 

お金が足りなかったら、クラウドファンディングがあります。

自分の思いを語ることによって、その理念に共感している人からお金を集めることもできるようになったんです。

 

仕事上、どうしても事務局や他の人の助けが必要だと思ったら、クラウドワークスとか、仕事をちょっとだけ外注するようなプラットフォームもあります。


もう、全部揃っているんです。


言い換えると、言い訳ができなくなったということです。


夢を叶える方法は、もうあるよ。

キレイゴトな社会を作る方法は、もうあるよ。


そういう話をさせて頂きました。

 

▼ 強さとは、◯◯である


そして、コラボ講演二つ目のテーマは「優しい人ほど強くあれ」でした。


講演会後半の対談の際、森田市郎さんの方から僕に質問がありました。


「優しい人って、すごく優しい反面、強さが足りない時があるんです。

 かもさんにとって、強さってどういうものですか?」


僕は、明確な答えを持ってこう答えました。


「世の中をキレイゴトのやさしさに溢れた社会にしたいと思ったら、実は必要な要素は一個しかないんです。

 

これさえあれば、絶対に世の中は変えられます。

 

それは何か、言います。」



会場が、大きな期待感で充満していました。




「それは、お金です。」




その瞬間、会場の温度が4度くらい下がった感じがしました。(笑)

 

「かもさんなら、すごく熱くなるようなことを言ってくれるんだろう」という期待が裏切られたような気がしたのかもしれません。

 

「えーお金?」って、クスっと笑う声も聞こえてきました。


でもね、僕はこれ、マジで言っているんです。


世の中を良くする時とかキレイゴトを実現する時に、その活動が終わってしまう理由はお金がなくなったからなんです。

 

だから、それがすごく大切なんだという話をしました。

 

▼ 日本の残念すぎる現状・・・


ここからは残念な話なんですが、日本のお金に対するイメージがあまりにも悪すぎるんです。

 

日本の中高生に対してのアンケート調査によると、こんな結果が出ています。


Q1 お金のイメージは「美しい」「汚い」どちらですか?

 

A1 美しい 17%

   汚い  83%


Q2 お金持ちの人のイメージは「良い人」「悪い人」どちらですか?

 

A2 いい人 20%

   悪い人 80%


、、、もう、残念すぎますよね。

 

お金は汚くて、お金持ちは悪い人。


だとしたら、夢を実現したりキレイゴトの社会をつくるぞって頑張っている人は悪い人になるんです。

汚いことをやっている人なんです。


それじゃあ、世の中は良くならないですよ。


もちろんこの背景には、日本は農耕民族で突出した人を作らない文化があるから、とも言われています。


でもね、これは変えないと駄目ですよね。


日本の文化の象徴の一つとして、例えばアニメや漫画があります。

 

アニメや漫画では、お金持ちは基本的に悪者のように描かれているんです。


例えば、「ドラえもん」

スネ夫君はお金持ちだけど、良い側ではないですよね。

 

「明日のジョー」もそうですね。

お嬢様は悪い人で、貧乏な子達がすごくいい人でみたいに描かれています。

 

「エースをねらえ」もそうですよね。

お蝶夫人はお金持ちで悪い人みたいなイメージになっています。

 

▼ アメコミのヒーローはお金持ち


ところが、です。

 

アメリカンコミックス、いわゆるアメコミのヒーローは違うんです。

アイアンマンとかバットマンとか、お金持ちなんですよ。


これについて、Yahoo知恵袋におもしろいQ&Aがあったのでご紹介します。

 

Q「アメコミヒーローは、なんでお金持ち何ですか?」

 

A

「バットマンやアイアンマン、いわゆるセレブなヒーロー達、

彼らは先天的な遺伝子の突然変異や、後天的な特殊能力に頼らずに、持ち前の頭脳と正義感だけで悪に立ち向かっています

 

そのためには鋼の鎧や、見たこともないような武器が必要になってきます

そうなると、それを作るための財力が必須になってくる訳です

 

ヒーローだからお金持ちなのではなく、お金持ちだからヒーローなんですよ」



つまり、アメリカ的なお金に対する捉え方は

 

「お金というものを持っているからこそ、困っている人を助けることができる

 お金があるからこそ、社会の仕組みを整えることができる」

 

こんな、ポジティブなイメージなんです。


日本も早く、お金の汚いイメージとかお金持ちは悪い人というイメージを変えていかなければ、と感じています。

 

そして、豊かな人は優しい人で、そして誰かを助けているんだという文化を作らなければならないと強く強く思いました‼️



それでは今日という最高の一日に、、、

 

せーのっ!いいねー❤️

 

ばいばい💕


▼鴨頭嘉人の熱量がもっと味わえる日本一熱い🔥オンラインサロン(未発表のシークレット企画やサロン限定な㊙情報などが見れます)はコチラ↓

https://kamogashira.com/onlinesalon/

 

▼鴨頭嘉人の公式LINE(最新情報が届く)はコチラ↓

https://kamogashira.com/kamoline/

ABOUTこの記事をかいた人

人材育成・マネジメント・リーダーシップ・顧客満足・セールス獲得・話し方についての講演・研修を行っている日本一熱い想いを伝える炎の講演家。 「良い情報を撒き散らす」社会変革のリーダーとして毎日発信しているYouTube(通称:鴨Tube)の総再生回数は1.7億回以上再生され、チャンネル登録は100万を突破。日本一のYouTube講演家として世界を変えている。 また、著者としてもリーダー・経営者向け書籍を中心に15冊(海外2冊)を出版する作家としても活躍している。