どうしても嫌な人と付き合わなければならない時に思い出す話

 

人間関係の悩み。苦しみ。誤解。

 

これらを減らすために、我々には何ができるのでしょうか。



今回僕がする話は、人間関係の問題のうち、全てとは言いませんが、ほとんどの原因は実は「情報不足」であるという話をしたいと思います。




本題に入る前に、お知らせをさせてください*\(^o^)/*



=====

 

お知らせ1つ目

 

2月26日の金曜日に、奈良県天理市でコラボ講演会を開催いたします!

鴨頭嘉人×森田市郎の初タッグ!

 

まだ会場参加のチケットも何枚か残っているのと、オンライン視聴権も購入することができます。

オンラインの方は、当日どうしてもこの時間が合わないという方も一週間視聴することが可能となっておりますので、内容に興味がある方は是非ご購入いただければと思います*\(^o^)/*

 

「キレイゴトで食べていく〜優しい人こそ強くあれ〜」

2021/02/26 (金) 17:00 – 19:30

(※こちら→)https://peraichi.com/landing_pages/view/kamomori



=====

 

お知らせ2つ目

 

2月27日の土曜日に大阪にて、「話し方の学校」と「ビジネスYouTuberの学校」の入学体験講座が開催されます*\(^o^)/*

 

2月27日(土)

11:00〜12:30 話し方の学校入学体験講座

15:00〜17:00 ビジネスYouTuberの学校入学体験講座

 

ぜひぜひ興味のある方は下記リンクからチェックしてみてください❤️

(※こちら→)https://kamogashira.com/#try

 

どちらの体験講座も僕が直接お話させて頂きますので、ぜひぜひ!会いに来て下さい*\(^o^)/*❤️



=====

 

お知らせ3つ目

 

そして3月20日の夫婦講演会は現時点で795名の方が参加することになっています!

本当にありがとうございます*\(^o^)/*

二人で最高の講演にしようと相談しておりますので、興味のある方はご覧ください💓

 

「日本初のYouTube講演家 夫婦が語る!仕事・パートナーシップ・人生を思い通りに生き抜く極意!」

2021年3月20日 (土)

13:00開演 14:30終演予定

(※こちら→)https://kamo320.peatix.com/



=====

 

お知らせ4つ目

 

クラウドファンディング!

「コロナ禍で苦しむ飲食店を救え」の現状ですが、

 

支援者数 482名!🔥

支援金額 8,697,000円!!🔥

達成率  434%!!!🔥

 

本当に、ありがとうございます!!!

あと9日ほど期間がありますので、是非また力を貸して頂けたらと思います!

 

クラウドファンディング

「コロナ禍で苦しむ飲食店を救え」

(※こちら→)https://silkhat.yoshimoto.co.jp/projects/2521

 

=====

 

▼ 私たちはただ、情報不足なんだ



人間関係の悩み。苦しみ。誤解。

辛いですよね。

 

でも、それって相手の性格とか相手の言動とかが問題というよりも、実は情報不足が原因なのではないでしょうか。

 

少なくとも、一度そういうふうに一度考えてみましょうよ、ということを言いたいです。



人間というのは、自分と違う価値観や行動様式を持っている人をついつい批判的な目で見てしまいます。



正直に言います。

僕もそうなんです。

 

ちょっと極端な例を言うと、僕はエレベーターに乗った時に「最後に降りる人は、一階ボタンを押してから降りて欲しい」とか思っちゃうような人間なんです。

 

すごく細いんですよ。

そんなのどうでもいいじゃないですか。

 

だけど「エレベーターは1階から乗る人が多いだろうから、自分が降りたあとは1階のボタンを押そう」ということまで気づかえるような人が僕は好きで、それ以外の人は優しくないんじゃないかという風に、神経質に決めつける癖があるんです。

 

でも、そんな時には

「違う違う。みんなそれぞれ違う考え方があるし、その人の事情もある。

 それは、相手に対する情報不足だ」

っていう風に聞かせているんです。

 

▼ どうしても好きになれない少年がいた



今日は、「人間関係の問題は情報不足からくる」という前提に立つと、人間関係がものすごく豊かになるという素晴らしい事例をご紹介させていただきます。

 

小学校教諭 鈴木秀子先生のお話です。



==========



その先生が五年生の担当になった時、一人、服装が不潔でだらしなく、

どうしても好きになれない少年がいた。

中間記録に先生は少年の悪いところばかりを記入するようになっていた。

 

ある時、少年の一年生からの記録が目に止まった。

「朗らかで、友達が好きで、人にも親切。勉強もよくでき、将来が楽しみ」

とある。

 

間違いだ。他の子の記録に違いない。先生はそう思った。

 

二年生になると、「母親が病気で世話をしなければならず、時々遅刻する」

と書かれていた。

 

三年生では「母親の病気が悪くなり、疲れていて、教室で居眠りをする」

三年生の後半の記録には

「母親が死亡。希望を失い、悲しんでいる」とあり、

 

四年生になると

「父は生きる意欲を失い、アルコール依存症となり、子供に暴力をふるう」

 

先生の胸に激しい痛みが走った。

ダメと決めつけていた子が突然、深い悲しみを生き抜いている生身の人間

として自分の前に立ち現れてきたのだ。

 

先生にとって目を開かれた瞬間であった。

放課後、先生は少年に声をかけた。

「先生は夕方まで教室で仕事をするから、あなたも勉強していかない?

分からないところは教えてあげるから」

 

少年は初めて笑顔を見せた。

 

それから毎日、少年は教室の自分の机で予習復習を熱心に続けた。

授業で少年が初めて手をあげたとき、先生に大きな喜びがわき起こった。

少年は自信を持ち始めていた。

 

クリスマスの午後だった。

少年が小さな包みを先生の胸に押しつけてきた。

あとで開けてみると、香水の瓶だった。

なくなったお母さんが使っていたものに違いない。

先生はその一滴をつけ、夕暮れに少年の家を訪ねた。

 

雑然とした部屋で独り本を読んでいた少年は、気がつくと飛んできて、

先生の胸に顔を埋めて叫んだ。

「ああ、お母さんの匂い!きょうはすてきなクリスマスだ」

 

六年生では先生は少年の担任ではなくなった。

卒業のとき、先生に少年から一枚のカードが届いた。

「先生は僕のお母さんのようです。

そして、いままで出会った中で一番すばらしい先生でした。」

 

それから六年。またカードが届いた。

「明日は高校の卒業式です。僕は五年生で先生に担当してもらって、

とても幸せでした。おかげで奨学金をもらって医学部に進学することが

できます。」

 

十年を経て、またカードがきた。

そこには先生と出会えたことへの感謝と父親に叩かれた体験があるから

患者の痛みが分かる医者になれると記され、こう締めくくられていた。

 

「僕はよく五年生の時の先生を思い出します。あのままだめになってしまう

僕を救ってくださった先生を、神様のように感じます。

大人になり、医者になった僕にとって最高の先生は、五年生の時に

担任してくださった先生です。」

 

そして一年。届いたカードは結婚式の招待状だった。

「母の席に座ってください」と一行、書き添えられていた。



==========



僕は「人の事が信じられないな」「この人苦手だな」と思った時に、このメッセージを思い浮かべます。

 

そして、「単なる情報不足だ」という前提に一度立つように意識をしています。



なぜ意識をしているか?

 

忘れてしまうからです。



すぐに相手のせいにしたり、「相手が嫌な奴だ」と決めつけようとする心が僕の中にあるからです。

 

だからこそ意識して、この事を思い出そうとしています。



皆さんももしも人間関係で悩むようなことがあったら、

 

「その原因は情報不足だ」

 

その前提に立ってみましょう。



相手のことを知れば、いい人間関係ができる。



それでは今日という一日が、皆さんにとって最高な一日になりますように!

せーのっ!いいねー♪

 

ばいばい💕



▼鴨頭嘉人の熱量がもっと味わえる日本一熱い🔥オンラインサロン(未発表のシークレット企画やサロン限定な㊙情報などが見れます)はコチラ↓

https://kamogashira.com/onlinesalon/

 

▼鴨頭嘉人の公式LINE(最新情報が届く)はコチラ↓

https://kamogashira.com/kamoline/

ABOUTこの記事をかいた人

人材育成・マネジメント・リーダーシップ・顧客満足・セールス獲得・話し方についての講演・研修を行っている日本一熱い想いを伝える炎の講演家。 「良い情報を撒き散らす」社会変革のリーダーとして毎日発信しているYouTube(通称:鴨Tube)の総再生回数は1.7億回以上再生され、チャンネル登録は100万を突破。日本一のYouTube講演家として世界を変えている。 また、著者としてもリーダー・経営者向け書籍を中心に15冊(海外2冊)を出版する作家としても活躍している。