嫌なことがあった時の切り替え方

 

みなさん、地震は大丈夫でしたか?

これだけ揺れたのは本当に3.11ぶりではないでしょうか。

それぐらい、揺れましたよね。

昨夜はうちも、カミさんと息子が飛び起きてきました。うちはマンションなんですが、本当にフラフラして立ち続けられないくらい揺れていました。

 

いつも地震があると思うのは「自分が大丈夫か」よりも「震源地が、頼むから宮城じゃない場所であってくれ」ということです。

というのも、うちのカミさんの実家が宮城県石巻市にありまして、3.11の時もその前の宮城沖地震の時も、お義父さんお義母さんは経験されています。

宮城沖地震では家のブロック塀が倒れたりするような倒壊もしましたし、3.11の時は倒壊よりも津波で町ごと流されて更地になるったところなんです。

 

復興は何をもってできているかという定義はないんですが、少なくとも今やっと、3.11の地震から10年近くが経ち、新築の建物がたって人が住み始めたところなんです。

そんな今、このタイミングで、地震がこないでほしい、、。

 

震源地が宮城じゃなかったらいいなと思いながらパッとテレビの NHK をつけたら「宮城沖震度6+」となっていました。

やばいなと思いましたが、結果的に連絡が取れて無事だったということが確認できたので良かったです。

Facebookを開くと、仲間たちから「今こんな状況です」という投稿がたくさんありました。そちらを確認する限りでは、比較的福島県がひどかったようです。

福島県の仲間の家では、中のものが崩れ落ちたり、建物の壁のところが剥がれていたり。

そういう状況が多かったのできっと大変な場所は大変なんじゃないかと思うんですが、みなさん本当にお気を付けください。

 

宮城県もうちのお義母さんたちの家自体は崩れていないですが、道路は土砂崩れになって車が埋まっていたりするようなので、まだまだ全体の状況は分からないです。

本当に地震ばっかりは引っ越し以外に対処する方法があまりないので大変なんですが、全員が他人ごとではなく、自分ごととして気をつけるしかないなと思います。

▼ ニュースから感じた不断の努力

そんな状況ですが、今日は地震があった中でも「さすがだな」と思ったことがあります。

NHKをつけて地震速報でパッと「震源地がどこで東京は震度4です」とか出るじゃないですか。その出始めのタイミングで「津波の心配はありません」というテロップが出たんですよね。

「こんなに早く出るんだな」と思って。

僕はそんなに詳しくないんですが、10年前にはこんなに早いタイミングで「津波の心配はありません」というテロップは出せなかったんじゃないかなと思うんです。

だからきっと、気象庁の方とか技術開発をされている研究者の方達がこの10年でものすごく工夫を積み重ねてきて、人命が助かるよう、被害が最小限になるよう努力した結果が、今の警報なんじゃないかなという風に思いました。

▼ 嫌なことがあった時の切り替え方

さて、今日の本題です。

今回の地震とも少し関連していますが、人生生きていて、ちょっと想定外なことがあったりとか嫌なことがあった時にどうやって気持ちを切り替えていくか。

これ、結構大事ですよね。

やっぱり人生生きていて、すごく楽しいこととか心がほっこりすることももちろんあります。でも、もしかしたらそれと同じぐらい、ちょっとイラついたりとか嫌なことって起きてもおかしくはないわけです。

その嫌なことをそのまんままるごと受け取っていたら、きっと人生って辛いと思います。

でも嫌なことをできるだけ受け取らなかったり、もしくは嫌なことがあって落ち込んでも出来るだけ短い時間で切り替えることができたら、生きやすくなると思うんです。

 

だからちょっと、今回の地震と結びつけるのはおかしいんですが、

地震は、天災である以上避けられない。しかし地震があった時に、その被害を少なくすることは可能だということです。

 

それは一人一人の人生で嫌なことがあった時もそうです。

それを根本からなくすことはできないけれども、嫌な気分を少しでも短く軽くすることはできるのではないか、ということをお伝えしたいと思います。

 

実はこの事は、僕が学長を務めている話し方の学校の生徒さんである渡邉善輝さん(通称テル)が Facebook に投稿していて、とてもいいなと思ったので紹介したいと思います。

 

====================================

「嫌なことがあった時の対処法」

仕事をしていると、どうしても思うようにいかないことがあります。

昨日も連携が取れていなかったことにより、納期に間に合っていたはずのものが、遅延となっていることがありました。

そうなったら遅延理由書を作成したりと、誰もやりたくない仕事をすることになる。

責任の押しつけあいにより、まあ気分はよくない。

結局自分が作成することになったのだが、そんな嫌な仕事をする前にあることを考えるようにしています。

 

それは「自分へのご褒美」です。

 

私はお酒を飲むことが大好きです。

 

でも今は普段お酒を飲んでいません。

家では飲まなくなったし、会社の飲み会もこんなご時世で行っていません。

前は家でほぼ毎日晩酌をしていたのですが、YouTubeプレミアムなどのサブスク課金やオンラインサロンなどの月額会費を、お小遣いではなく、家計の方から支出してもらうことを条件に、お酒による支出をなくすことにしたのです。

 

家計の支出としては変わらない金額だったので、出してもらうことができました。

ちょうどブログを書いたりしたいなど、元々飲むのを辞めようと考えていたタイミングだったのでちょうどよかったのです。

 

でもお酒を飲むことは大好きなので、

今回のように嫌なことがあった時にはお酒を飲むことを自分に許可しています。

嫌な仕事をする前に考えたことは、今日は帰りに好きなツマミを買って、無料クーポンで貰ったビールを飲もうと考えました。

 

「楽しみだ」

 

「しかもビールが無料とか最高かよ」

 

そう考えていると、嫌な仕事も良い出来事に変わってくるのです。

 

仕事が終わり、自分へのご褒美を貰って、家に帰る頃には、今日はいい1日だったなと思えていました。

なにかちょっとしたことで自分の気分があがるご褒美ってありますか?

 

それを嫌なことの後にくっつけるだけで、トータルいい出来事に変わるのです。

仕事をしていれば気の進まないこともありますよね。

そんな時に、ぜひこの対処法を気分をよくするためのカードとして選択肢に入れてみてくださいね。

====================================


いいですよね。

自分の大好きなことを、嫌なことがあった時だけ特別に自分へのご褒美としてプレゼントする。

そうすれば嫌なことをする前に、それを思い浮かべたりできる。

もちろん嫌なことが唐突にあったら、その後気分を転換するために、ご褒美を自分にプレゼントしてあげる。

誰でも簡単にできる、良い対処法だと思いました。

 

僕は日常を生きていて、嫌なことと出合う確率はかなり少なくなったんですが、それでも時々は「今日はちょっと想定外だったな」「思うようにいかなかったな」ということがあります。

そんな時は、自分へのご褒美をあげています。ちなみに最近の僕のご褒美は Netflix です。

しかも韓国ドラマにはまっております❤️

なんですかね、韓国ドラマって、、、えぐいほどの愛と復讐が、いいんですよね❤️(笑)

 

最近僕がハマっているのは「悪霊狩猟団: カウンターズ」です!

中身を説明すると長くなるのでやめておきますが、、、。(笑)

 

僕もちょっと気分がうまく上がらなかったときには、自分へのご褒美を自分にプレゼントしております*\(^o^)/*

 

皆さんの、自分へのご褒美ってどんなものですか?

よかったらコメント欄に書いてみてください*\(^o^)/*💓


それでは今日も皆さんの一日が最高な一日になりますように!

せーのっ!いいねー♪

 

ばいばい💕


▼鴨頭嘉人の熱量がもっと味わえる日本一熱い🔥オンラインサロン(未発表のシークレット企画やサロン限定な㊙情報などが見れます)はコチラ↓

https://kamogashira.com/onlinesalon/

 

▼鴨頭嘉人の公式LINE(最新情報が届く)はコチラ↓

https://kamogashira.com/kamoline/

ABOUTこの記事をかいた人

人材育成・マネジメント・リーダーシップ・顧客満足・セールス獲得・話し方についての講演・研修を行っている日本一熱い想いを伝える炎の講演家。 「良い情報を撒き散らす」社会変革のリーダーとして毎日発信しているYouTube(通称:鴨Tube)の総再生回数は1.7億回以上再生され、チャンネル登録は100万を突破。日本一のYouTube講演家として世界を変えている。 また、著者としてもリーダー・経営者向け書籍を中心に15冊(海外2冊)を出版する作家としても活躍している。