なぜSNSに狂う若者が爆発的に増えたのか?

なんかある
超死ぬほど
好きなことって

ほとんどの人は
それで食べれると思って

ないんだよね

はっきり言って
食べれます

うん

ここでいけば

例えば
釣りよかとかね

 

釣りよかっていう
チャンネル
あるんですよ!

 

釣りばっかりしてる
番組なんですけどね

釣りよか
チャンネル登録数
125万
やからね!

チャンネル登録数
125万ってことは
大体茶人どれぐらいだ年収?

 

125万でまぁ再生回数によるけどね

まぁだいたい一般的にはチャンネル登録数8掛けくらいが

1日の再生回数なので
1日100万くらい
再生されていると考えると

100万かける30日だから

3000万再生じゃんかける0.3とすると
さざんが900万は月入ってるから

そうだよね

年収で言うと1億超えているということだねっ

釣りだよ

まあ釣りよかの人は
釣りが好きだったわけじゃ
ないらしいんだけどね

自然と遊ぶのが
好きなんですよ

 

自然に触れて遊ぶことが
だから
ザリガニ捕りとか
そういうのを

田舎で発信したら
喜んでもらえるんじゃないか
みたいのやっていて

その中で釣りに特化わざとさせて
ブレイクスルーさせたっていう
モデルなんだけどそういうふうに
才能ってみんなここに
集まってきてるわけで

ここに集まって来てる理由は
僕は2つあると見ています!

ここから僕の持論ね!!

なぜここに才能が集まっているかと

いうと1つはわかりやすいね

経済だね!!

ここに広告収入という
Google Adsense 広告という

収入が入るようになったからだよね!!

 

もしも YouTube
チャンネル登録数
125万でも

収入0だったらやるかな?

 

やらないよねそうだよね
YouTuberの中にも
ヒカルとか

ラファエルとかははっきり言って
ビジネスやってますって

宣言してるもんね!!!

別に YouTube
なんか全然やりたくない!!!

 

でもここ儲かるからやってますって

堂々と言ってる人も増えてきたよね

あの人もそうだよね
SUIT 

SUITはもともと
電車が好きなんですね

電車の発信をしたがるけど
今サブチャンネルの方が
もうぶっちぎりなのね

サブチャンネルはただ
自分があの思ってることを
喋るチャンネルね

そこの方が収益高いんですけど
別それがやりたかったわけじゃないけど

経済がそこに
集まるのからやる

才能が集まる理由の
1番目は経済

でもう1つ

ここちょっと深いんですけど

これがあると思うね

表現者としての
幸せがここにある

僕はこう思っています!!

人は表現したくて生きている

例えば自分が
大好きなものを
友達に話した時に

友達がすごく
共感してくれたら
うれしいでしょ!!!

そうですね
でも自分が大好きなものを
表現しても

共感されなかったら
ちょっと悲しいですよね

つまりそれはその
表現している内容
そのものというよりも

自分の表現が伝わったか
伝わらなかったかに

一喜一憂している面が
あるということです!!!

例えば映画を見たとき
この映画がヤバイよ
ヤバイよヤバイよって

自分が興奮して言ったけど

相手の人はあっ

行けたら行くわとか言われると

あああって思うじゃないかあああって
思うのはその時に

この映画評価されなかったって思う?

違うよね

自分の表現未熟さ
打ちひしがれるんじゃない?

だって映画は素晴らしいって
価値は変わってないから

だって自分は見てすごく
感動したわけだからね

 

だけど伝えられなかった
自分の表現に対する
未熟さに落ち込むわけ

 

つまり私たちは
表現者としての
幸せ

もともと求めてたってこと

ただそれを認識する
機会が少なかったわけ

なぜならほとんどの人は
表現者として

食えると思ってなかったから

ところがYouTuber
誰でもなれるんですよ!!

 

だって資格いらないし

お金いらないし

オファーいらないから

テレビタレントは違うよ

例えば歌手なりたいって言ってた人の
数は昔からいっぱいいたわけ

一応アンケート調査レベルで聞いていい?

小学校の時でも
中学校の時でも
幼稚園の時でもいいから

一瞬でもいいから歌手
なりたいと思ったっていうことが

ほんのちょっとの期間でも
あったって人どれぐらいいる?

ほら結構いるよね
うんその中で今歌手で
食ってる人っている?

いないもんね

そうそうそう
だからなりたいと
思ったことがあったんだけど

ごく一部の人しか
歌手には

なれなかった

じゃあ
YouTuber

誰でもなれる

そう誰でもなれるんだよね

どれぐらい食えるかどうかの差はあるよ

でも誰でもなれるように
なっちゃったわけ

だから表現者としての
幸せ

味わう機会が今
どんどん増えてるんです!!!

でこれは YouTube に特化した話を
僕はたとえ話で言いましたけど

YouTube
以外もそうなんじゃない?

 

さっきSNSの話をしました
Facebook とか
Instagramとか
ブログとか

Twitter とか

発信してる人の数が
ものすごく増えたでしょ!!

なぜ発信するの

一応聞いていい?

Twitterかブログか

facebook かインスタ

投稿したことがあるって人手を挙げて

OKOK

じゃあそれをメインに
稼いでる人どれぐらいいる?

稼いでないんだよね

じゃあなんで投稿するの?

暇つぶし?

暇つぶしもあると
思ってるよ

暇つぶしもあるんだけど
暇つぶしにわざわざ

なんか自分の
プライベートの
行ったところとか

食べたものとか
アップする必要ある?
ないよね

じゃあなんで
わざわざするかというと

表現したいからよ

もちろん表現をした時に
いいねがついて

共感を得られたら
うれしいとかも含めてよ

私達はね表現したいって思ってるの

でも表現者ではないと
思い込んでたわけ

ところが表現するための
プラットフォームが今
死ぬほど増えた

すると
お、これ味わってもも
いいんじゃねっていう
風になっている

もっと深いことを言うと
もちろん想像ですけど

おそらくこの
プラットフォーマーたち

プラットフォーマーってわかります?

要はFacebookを作った
マイクザッカーバーグとか

YouTube を作った人とか
Google を作った人とか

Twitter を作った人たち

プラットフォーム
作った人たちはおそらく

分かって作ってるね

みんな表現したいにちがいない

じゃあその
プラットフォーム

場所を作れば必ずみんな
使うようになるって
ちゃんと狙って広げたんだと思うよ

だからみんな
表現者でいたいのよ

あとはそれがどれぐらい
共感されるかと

どれぐらい経済に結びつかで

時間をどれぐらい
使えるかが違うだけ

ABOUTこの記事をかいた人

人材育成・マネジメント・リーダーシップ・顧客満足・セールス獲得・話し方についての講演・研修を行っている日本一熱い想いを伝える炎の講演家。 「良い情報を撒き散らす」社会変革のリーダーとして毎日発信しているYouTube(通称:鴨Tube)の総再生回数は1.7億回以上再生され、チャンネル登録は100万を突破。日本一のYouTube講演家として世界を変えている。 また、著者としてもリーダー・経営者向け書籍を中心に15冊(海外2冊)を出版する作家としても活躍している。