他人を変えようとしてる時点で他人に伝わらない!本当のリーダーになる条件

 

他人を変えようとしてる時点で

他人に伝わらないんですよ!

あのね これちょっと

深い話を今からします!

一応準備段階ね

深い話は言葉だけを聴いていると
矛盾して聞こえる場合が多い

これ前提ね
だからあえて言いますよ!

「夢を叶えたい」

っていう人とか

「日本一になりたい」

とかっていう

そういうを持ちますわ!

持つ人っていますわ
みなさんも持つと思うんです!

持った時に知ってて

ほしいことがあります!

それは
「みんなが協力

 してくれたらできる」

と思うことをやめることです!!

でも多くのですよ!

全員とは言わない
多くの

「これから夢

 叶えたいです」

って語る人が
やりがちな

ミス 過ち

「みんな協力してください」

って最初に言っちゃうこと

実は夢を本当に

叶えまくってる人を見ると
どうなっているかというと

周りに協力者

いっぱいいるんですよ!!

だからその姿を見てると

「あー そうか

 みんなの協力を得ないと
 夢は叶わないんだ」

って思うんです
合ってるからね!!

わかる?

矛盾してきたのわかる?

だけど

「みんなが協力

 してくれたらやるよ」

って言ってる人の周りに

協力者は集まりません!!

矛盾してるじゃないかと
協力者がいるから

夢が叶うのに
協力してくださいって

思ってたら夢か叶わないって
おかしいと思いませんか

おかしくないんですよ!!

 

じゃあ どういう人の周りに

人が集まってるかというと

「誰もいなくても

 俺はやる

 俺は一人でも

 やるんだ」

って言ってる
協力者が一人ずつ

集まってるんです!!

それを周りから見ると

協力者がいるから

成功している人に見えてるだけ

でもその真ん中にいる

最初に言った

リーダー

「協力者がいる」

という条件で

やろうと思ってません!!

「条件が何だ

 俺はやるんだ
 俺は誰にも

 頼まれてねえ
 俺がやりたいから

 やるんだ」

 

みたいな人に
周りが

「この人絶対やるな」

と思って
「この人を男にしたい」

と思うんですよ
だから女の人であっても

「この人を最高の

 女性にしたい」

って思うんですよ!!

 

だから最初の1人目っていうのは

協力を得ようとしちゃだめです!!

「協力なんか

 なくたってやる

 一人でもやるんだ」

って

「関係ない

 誰かに言われたん

 じゃない

 私が思ったんだ」

って

「これは自分の

 わがままなんだ

 周りは関係ねえ」

っていう人が

リーダーです!!

だからあなたの病院の

院長はそういう体質かも

だってみんなに説明することも

できてないんでしょ!!

おかしいじゃん

「日本一だ!

 うちは日本一

 なんだ!」

って
「どういう日本一?」

「患者さんにとってだ!」

おかしくない?

でも

「男にしたい」

と思ったんだよね!!

だからその人はね

リーダーの素質がある人だと思います!

もちろん説明責任は

果たせたほうが
ロジック的には

有利なんですよ!!

でもね 根本
一番の根本は

協力者

いるならやろうっていう人はね!

協力者のことを

条件にしてるんです!!

「君が協力してくれるなら

 僕はやれるよ

 だから協力して」

ってこれね
条件になっちゃってるわけ
どうですか?

あなたは誰かの条件のために

生きたいですか?

「誰かの条件になりたい」

とか思ったことある?

ないよね

だからあなたの周りも

そう思うんですよ!!

条件にされたくないの 人は

でも本気の人には力を

貸したいと思うんですよ!!

それが人間なんですよ!

だから

「協力者がいればできる」

って思った時点で

周りの人のことを条件と見てます!

だから人が集まりません

もちろん条件を渡すっていう

契約はできますよ!!

「金払うから働いてくれ」

とかね
「金払うから

 書類取ってきてくれ」

とか
そういうことはできますよ!!

だけど本当にその人と

一緒に夢を叶えたいとか
志で繋がりたいと思ったら
相手を条件にしちゃだめ

「条件なんか関係ない やる」

って
だから最初の

トップのリーダーって
例えば ちょっと難しいこと言うと

初めに立ち上がった瞬間に

一緒にいてくれた人と

最後までやり遂げているとは

限りません

周りにいる人が替わったり

することもあります!!

最初は

「やりましょう 一緒に」

とか言って

「僕はあなたの

 夢叶えますよ」

と言ってくれたけど
ぶわー進んでるうちに

「何かちょっと

 この人違うな」

とか言って離れていったりとか

「何言ってるか

 わかんないっすよ」

とか言って

「だって俺は日本一としか

 言ってないだろ!」

「それは意味

 わかんないですよ」

 

とかって去っていったりする時もある
でもね この人って止まらないんですよ!

そういう人に

またそのレベルの人が集まってくる
何言ってるかわかります?

ちょっと嫌な言い方かもしれないけど

レベルの高さで表現しますよ!!

 

わかりやすくするためね
最初リーダー

このレベルなわけ

周りに人も集まらないし

力もないし

影響力も持ってないから

でもこの時点で

「俺は日本一!

 やるんだ!」

とか言い始めるわけ
その時に近くにいた人が

「わかりました

 やりますよ」

って集まってくる
でもこの人は日本一目がけて

ぶわー走り始めるから

ここにいる人が付いて

これなくなる時あるわけ
その時に合わせないんだよ

この人って
「俺は日本一しか

 見てねーんだ!」

とかやっちゃうから
この人が付いていけないから

去っていくわけ
でもねこの人が諦めないと

このレベルの人が付いてくるんだ

もちろんそれは

必ずそうとは言わないよ!

でも そういうこと多いです

他の人で言うと失礼なんで

僕で言います
僕9年前に独立して

その時に

「一緒に夢を叶えよう」

と言って付いてきた人間で

今一緒にいるのは1人

ヒロキングだけです!

 

僕がまだ仕事もなくて

講演家にもなってない時に
僕に付いてきてくれて

ボランティアやってくれた人は

いっぱいいました!

今その人周りにいません

いないです!

ヒロキングだけです!


9年前僕と一緒にいた人で

たった1人です!

常に僕は周りが

替わり続けてきました!

でも僕はやるって決めたんです

「世界変える」

って
だからそのレベルの人に

会ってきています!!

それは僕が

振り落としているんじゃない
僕がただ決めただけです!!

自然と起きてるんです

それが
だから僕の場合は

「夢を叶えるためには
 周りにいる人を

 条件にしない」

って決めてます!!

なんで? 僕が行きたいと

思っただけだから

ヒロキングのために

やってるんじゃないし
僕が独立した時に周りに

協力してくれた人のために

やる気なんかないです!!

僕がやりたいんです

でも その時に出会った人が

一緒にやりたいことを
一緒にやってます!!

例えば今日

この灼熱ライブ

赤いTシャツを着ている

このボランティアスタッフ

今の僕にとって最高の仲間です!!

これ以上近い志の仲間はいません

でも10年後一緒かどうかは

みんなが決めるんだ
僕は行きます!!

これからも

チャンネル登録でいうと今

今年になって

102万なろうとしています!!

でもはっきり言います!

去年 まだ

18万でした

今89万です!!

来年どうなるか

300万かもしれない

300万になったら

普通に街歩けません

でもやります!

たまにかみさんに

「勘弁して」

と言われます!!

スターバックス

2人でデートを

していて2人で会話をし始めると

右隣両隣から声を

掛けられてしまうからです!

夫婦の時間がなくなるぐらいです!

でも僕はやるって決めたんです!

周りにちょっと迷惑かかります
でも そういうものなんです!

最初に何かを

やり遂げる人っていうのは
想像してみてくださいよ!

僕 会ったことないけど

例えば

坂本龍馬さん


坂本龍馬が周りと

色々調整して
つじつまを合わせながら

日本を変えたと思いますか?

周りが協力してくれたら

革命を起こそうと条件にして
彼は動いてたと思いますか?

ガンディー

インドを

独立させるために
「協力してくれたら

 インドを

 独立させようね」

って
ミーティングしたと思いますか?

もちろん会ったことないから

想像だけど なかったと思う

「やる」

それしか考えてなかったと思います!

そしていろんな出会いが

あって別れがあって
それでもやるって決めたから

その人が行ける場所まで

行けたんだと思います!!

リーダーってそういう存在です!

だからあなたも今 院長が

リーダーの場所で働いているので
院長を男にしたかったら

その院長の無謀な

チャレンジ

受け入れるしかないです!!

そしてあなたが

「よし私が具現化するんだ」

って決めたら

それはもうあなたのわがままだから
いい?

院長のわがままじゃないよ!!

最初は院長のわがままだけど

それにコミットメントした時点で
もうあなたのわがままだから

だから他のスタッフが

協力してくれるかどうかは

条件になっちゃうんで考えない

「俺はやる

 患者さんにとって

 日本一って

 いうのは挨拶だ」


従業員に訊かれたら

「俺にとって日本一の

 病院とは患者さんだ

 診察室に入る前に

 『なんか元気

  なったら帰ります』

 と言ってしまう

 病院だ
 俺はそこに

 命を懸ける」

 

みたいな
今の例えよ これやりなさいと

言ってるわけじゃなくて
鮮明なイメージって

そういう感じなんですよ!!

周りから見たら

「何それ」

「じゃあ 病院の価値

 ないじゃないですか」

「俺はそうは思わん

 診察室のいらない

 病院作るんだ

 俺は
 例えば

 想像してみろ」


「患者さんが

 病院に来るだろう」


「受付で例えばお正月に

 きれいな晴れ着を

 着たお姉さんが
 ブワーッと12人並んでて
 『明けまして 

  おめでとうございまーす』

 って言ったら
 細胞元気になると

 思わないか?」

「なりますね」

「だろ」

「例えばその前に

 クリスマスに来たら
 受付の12人のきれいな

 女性がみんな

 サンタクロースの格好で
 何ならちょっとミニで

 『メリークリスマス』

 って言われたら
 病室行く前に

 ちょっと脈拍整う……
 ちょっと乱れる

 かもしれないけど
 ちょっと元気に

 なると思わないか?
 だって

 『病は気から』

 って我々一番

 知ってるだろう」

 

って
「だって今まで

 入院した患者さん

 だってそうじゃないか」


「『私はもう治らない
  先生 私はね病気が

  治って家に帰っても

  誰もいやしないんだよ
  私なんかこの世から

  いなくなっても
  誰も悲しまないんだよ』

 って言ってる人は
 病気治らないじゃないか」

って
「でもまだ子どもが

 3歳とか5歳のお母さんが

 『私は死ぬわけには

  いかないんです
  先生 絶対私は

  生きて帰ります』

 そんな気持ちの人は

 みんな治ってきただろう
 ほら気持ちじゃないか
 診察室の問題じゃない

 人間の気持ちなんだよ

 それが本当の病院なんだ」

 

って本気で思って語ったら
みんなが絵を見始めるんですよ

「それなら私にも

 できることがある」

って
みんなサンタクロースの

格好し始めるかもしれないし
晴れ着着てくるかもしれないし

それは目に見えるところだけだけど
声の掛け方も変わるかもしれない

「元気になって

 もらえるような

 挨拶って
 どんな挨拶

 があるだろう」

って

考えられるようになるかも

しれないですよね!!

だから今もね

「あなただったら

 何をしますか?」

と言った瞬間に
最初に入ってきた瞬間から

「挨拶だ」

って言ったの
僕すごいイメージわいたんですよ

「それできる」

って
だって知識関係ないし

なんならドクターであるか

看護婦であるかも一切関係ないし

正社員であるか

準社員であるか全く関係ないし
男性か女性か全く関係ないし

日本人が外国人かも全く関係ないし

まさに

ダイバーシティー
誰でもできること言いましたよね

誰でもできることが

できないわけがないんですよ
唯一できないとするならば
その気持ちにならない時だけです

だからその気にさせることができれば

絶対に実現できる
そんな絵だと思うので

ぜひチャレンジしてください
まずは自分がやる

自分がやって我慢できなくてしゃべっちゃう

でも相手に受け入れてもらう

条件のためにしゃべるんじゃない
我慢できないんです!

我慢できなくてあふれちゃうんですよ
こぼれちゃうんですよ!

嬉しくてしょうがないんですよ!

「その夢をみんなと

 見れたらどんだけ幸せか」

って
「僕が幸せなんだ」

って言っちゃうんですよ!!

「みんなもやってくれ」

っていうのは言ってもいいけど

みんなに

「やってくれ」

って言う前に
「自分がやりたいんだ」

っていうのがあふれてないと

「みんながやってくれたら

 僕もやれるよ」

じゃだめなんですよ!!

周りを条件にしないこと
これがリーダー

条件だと思います!

はい

ありがとうございます!!

ABOUTこの記事をかいた人

人材育成・マネジメント・リーダーシップ・顧客満足・セールス獲得・話し方についての講演・研修を行っている日本一熱い想いを伝える炎の講演家。 「良い情報を撒き散らす」社会変革のリーダーとして毎日発信しているYouTube(通称:鴨Tube)の総再生回数は1.7億回以上再生され、チャンネル登録は100万を突破。日本一のYouTube講演家として世界を変えている。 また、著者としてもリーダー・経営者向け書籍を中心に15冊(海外2冊)を出版する作家としても活躍している。