公式|「叱り方」から考えるな! 鴨頭嘉人流「部下の指導方法」④

「承認」を感じにくい人に対する接し方とは?

「承認のバケツ」が空っぽの人には、
存在を承認してあげたり意識を承認してあげたり行動を承認してあげたり、
洞察力をフルに使ってあげたり聴き力を使ってあげるんですよ。
すると少しずつ貯まります。
ただ一応リアリティがある話ですけど、この承認のバケツにですね、
黄金水をジャバジャバ注ぐホースとかは無いみたいですね。
手酌みたいな感じ。
イメージ的にはそんなにいっぺんにたまんないですわ。
しかもですね、すごく深い話をするとですね、
この承認のバケツに底に穴が開いて大人になった子がいます。
注いでも注いでももれちゃう子がいるんです。
非常に深い話ですがほとんどの子が、親に愛されなかったという記憶を持っている子ですね。
そういう子って承認されても受け取りきんないんですよ。
相手の人が心を込めて承認してるけど溜まんないんですよね。
どんどんもれていっちゃうんですよ。
だいたい親です。
親に愛されなかったという記憶ですからね。
親に愛されていなかったという事実じゃないですよ。
自分がそう思い込んでいるので、そういう子って会社の人に褒められてもパートナーに褒められても全然自分を認めようとしないんですよね。
「私なんて私なんて」って、
“「そんなこと言って会社のためにうまいことを使おうと思って言ってるんでしょこの人。
だって上司してそういうもんだから」
みたいになっちゃうんですね。
そういう時ってあるんですよ人間。じゃあ私たちはどうすればいいか。
注ぎ続ける以外ないですね。
残念ながら、そのバケツの底を修理するっていうのは、
よっぽと特殊な技術を持っている方がいるかもしれませんが僕は見たことないです。
ないですね。
極端なことを言うと、みんなでよってたかって注ぎ続けるくらいしかないでしょうね。
ないと思います。
それぐらいね承認というのは、概念で深いんですよね。

中途半端に承認のバケツに水を貯めても、人は簡単には変わらない

承認のバケツがここにあるとするじゃないですか。
もしかしたら最初20%くらいしか貯まってない子が入社してくるかもしれないんですよ。
子供の頃から誰も認めてもらえなくて私なんて価値がありません、みたいなね。
そんな思いで入ってくるとします。
別にその方が悪いんじゃなくても環境がそうしちゃってるんでしょうがないです。
でその後に一生懸命黄金水を注ぐじゃないですか。
で仮に目に見えないけど80%くらい溜まったとするじゃないですか。
残念ながら、この人の行動は変わりません。
この人の行動が変わるのは、溢れかえった瞬間に急に変わるんですよ。
だから20%が60%になろうが、60%が80%になろうが、
その子の行動とか表情とか言動は変わらないんですよ。
だから溢れかえる日を信じて、皆で寄って集って注ぎ続けるしかありません。
残念ながらね。
これもリアリティのある話なんて、本当そうなので。
でもこのことを知っていてやってあげるのと、知らないでやっているのだと、
だいぶ違います。
知らないとイライラするんですよ。
「こんなに承認してやってるのになんなんだあいつは。恩知らずなやつ」って思うんですよ、普通は。
だってこんなに頑張ったんだよ、周りの人が。
「あいつの問題だよ」って思いたいじゃないですか。
だって報われないんだもん、20%から80までみんな頑張ったのに、
その子のために。
だけどそういうものです。
心の承認のバケツって、そういうものなんですよ。
でもね、ここまできた瞬間信じられないくらい人変わりますから。
別人っていうぐらい変わります。
本当にキラキラ輝いて働き始めますね。

承認のバケツはいっぱいになって初めて、莫大な力を発揮する

もっといいましょうか、仕事ができるようになるような話じゃないですよ。
この子の人生変わるんですよ。
自分のことが大好きになるんですよ。
周りに注いでもらって、ずーっと自分のことが嫌いなまま大人になったんですよ、何十年も。
その子の人生がめくれる瞬間なんですよ。
それぐらいその本人にとってみると価値あることなので、どうか信じて注ぎ続けてみません?
いいじゃないですか。
皆さんの給料が減るわけじゃあるまいし、皆さんの優しさと思いやりが発動するだけの話じゃないですか。
すごいですよ、心の優しさとか思いやりって。
相手にプレゼントしても減んないらしいですよ。
減ります?
人に優しくしたり自分の優しさがどんどん減っていて、だんだんダークネスになったりしますか?
しないですよ。
人に優しくするとどんどん優しくなれるんですよ。
だから誰も損しないんで。承認のバケツに黄金水をあなたが注いてあげても、
あなたは絶対に人生損しないんですよ。
お金は相手に渡したら自分の懐から減るみたいに見えるけど、心の報酬は違います。
与えれば与えるほど増えるんですよ。
だからやってあげたらいいと思います。
でももう1回言います。
目に見えません。
今どれぐらいのメモリーなどが見えないんですよ。
だから信じて注ぎ続けるしかない。
これがリアルです。

次回:5)「承認のスキル」は私生活にも役立つ!?鴨頭嘉人流が説く「承認」の使い方とは?

ABOUTこの記事をかいた人

人材育成・マネジメント・リーダーシップ・顧客満足・セールス獲得・話し方についての講演・研修を行っている日本一熱い想いを伝える炎の講演家。 「良い情報を撒き散らす」社会変革のリーダーとして毎日発信しているYouTube(通称:鴨Tube)の総再生回数は1.7億回以上再生され、チャンネル登録は100万を突破。日本一のYouTube講演家として世界を変えている。 また、著者としてもリーダー・経営者向け書籍を中心に15冊(海外2冊)を出版する作家としても活躍している。