鴨頭嘉人公式|変化を恐れるな!リーダーに教えたい人材育成の重要性[46]

本記事は動画の【1:36:36】辺りから▶ビジネスで結果を出し続けるリーダーは何を考えているのか?【超一流の思考回路】

部下からの信頼を得ることができる店長になることが、成果を出すための第一歩

 

でこれをやっているから次からの2項目目の効果が出ます。

 

つまり1日目の項目を受けると、最初ビフォーの状態は部下を変えようとして、店長が悩んでいるという状態からアフター、部下の力を引き出す店長の仕事が楽しいという状態が第1回目のゴールです。

 

これをやっておかないと他の項目を覚えて知識が増えても店長辛くなるんで。

 

そりゃそうですね。

 

だって店長一人でやる仕事なんかないですから。

 

全部部下にやってもらうのが店長の仕事なので、部下との信頼関係がないところに新しい知識とか、新しい政策とか戦略を打つと、もっとバラバラになってくんで。

 

1回目の授業が一番大事なので正直にネタばらしすると、1回目の授業の内容は毎回振り返ります。

 

第2回にも第3回目第4回にも第1回目の内容を振り返ります。

 

一回やって分かったら終わりという内容じゃないから。

 

もっといいましょうか。

 

部下からの信頼を集めれば、成果出すなんて簡単なんですよ。

 

もっといいましょうか。

 

リーダーって言うのはどんだけ部下に無理なことを言って喜んでやらせるかですよ、あってますよね。

 

無理っていうのはしんどいこととかギリギリのこととか、踏ん張ろうっていう時期でってあるわけですから仕事っていうのは。

 

その時にそのことをどんだけ「やりたいっす」とか「ありがとうございます、こんなことをやらせてもらえるんですか」って伝える力なんですよ。

 

店長だけじゃないですね、管理職だって、管理職なんてそればっかですよね。

 

店長にどれだけ負荷をかけて店長喜ばせるか見たの仕事なんで管理職は。

 

経営者もそうですよ。

 

経営者は管理職をどんだけ負荷をかけてやりがいを感じさせるかなんで。

 

それが一番ベースなので、1回目がある意味一番大事。

 

だから徹底的にこの半年間ぐらいずーっとこの項目は毎回を振り返りながら続けていく内容になっています。

 

次回:Coming Soon!

ABOUTこの記事をかいた人

人材育成・マネジメント・リーダーシップ・顧客満足・セールス獲得・話し方についての講演・研修を行っている日本一熱い想いを伝える炎の講演家。 「良い情報を撒き散らす」社会変革のリーダーとして毎日発信しているYouTube(通称:鴨Tube)の総再生回数は1.7億回以上再生され、チャンネル登録は100万を突破。日本一のYouTube講演家として世界を変えている。 また、著者としてもリーダー・経営者向け書籍を中心に15冊(海外2冊)を出版する作家としても活躍している。