【悩める上司必見!】主体的に動く部下を育てるためのマネジメント法|鴨頭嘉人公式②

マクドナルドは学歴に関係なく、努力や実力を認めてくれた

でも、僕そのおかげでマクドナルドにそのままスコーンと、僕高卒なんです。

だけど、同期は早稲田大学とか慶応大学とかマクドナルド人気あったころだから。

その子たちと同じように、22歳の時に入社して。

で、マクドナルド素晴らしい会社で一生懸命業績を出すと、学歴がなくても学歴高い子よりも給料くれます。

当たり前と思うかもしれなけど組織によっては違いますからね、そうですよね。

ある組織に身を置くと、今の実力に関係なく、学歴などで先を越されてしまうことがある

僕はお父さんが人に言えない職業だったんでよくわかるんですよ。

反社会勢力じゃないでしょ。

組織で言うと警察なんです。

もう、うちの親父2年前に亡くなったんですけどね。

でも警察の中でも人に言えない系の仕事だったんですよ、うちの親父は。

いるんですよ。

警察組織ってあの、50万人くらいの中に極一部にいちゃいけない人。

だから、ちっちゃいころに近所で火事があって、それを家族で野次馬みたく見てたら、新聞記者の者がパシパシで撮ってるところに、うちの親父がバーッて行って、その新聞記者のカメラからフィルム、ビーって抜いて、

「今俺が映ってた」って時にだいぶやばいお父さんなんだなっていうのは微かに記憶にあるんですけど。

でも、うちのお父さんは亡くなった時には本当に親戚しかお葬式に来なくて。12人くらいしか来なかったんですけど。

死んだ後には、見知らぬの黒服の人が一人一人実家訪ねてきてくれて、焼香してくださった後に天皇陛下の表彰状とか、安倍総理の表彰状とか、勲章とか、そういうのを置いて帰ってくれた。

国のために死んだ人だったので。

でも親父よく言ってましたよ。

親父が言ってたんじゃなくてお袋が言ってたんだ。

「お父さんは本当にいつも泣きながら仕事をしてた」って。

「あんたたちの前では見せないけど」

「なんで」って。

うちの親父は一応ですね、キャリア組じゃない。

キャリア組じゃない、警察の中で最高位まで行ったんですよ。

でも警察ってのはキャリアっていうのがいまして、あなたは優秀だからすっ飛ばして、どんどんいくよって決まってる人がいっぱいいるんです。

で、そういう子たちって28歳とか30歳ぐらいで上司になっちゃうんですよ。

自分がたたき上げでいくら実績だしてきても。

で、極端に言いますよ。

そいつがいくらパープリンでも、「はい」つって言うことを聞かないといけない組織でずっと働いたから。

でも、そういうのありますよね。

あの言わなくていいですよ、心の中でね。

なんか「上司がこいつほんまアホやな」と「どんだけ間違うてんねん」っていう上司のもとで働いたことがある…。

手挙げなくていいよ、ありますよね。

でも、それも全部飲み込んだ上で、それでも自分がこのチーム、組織の中でどんな役割を果たせばいいかっていうのを、マクドナルドは教えてくれたなってすごく思ってます。

学びの場は主体的でいられるかどうかが大切

あっそうだ言うの忘れてました。

僕の講演会は講演中の撮影とか録音に関しては、オールフリーになってるので撮り放題。

ただね、撮ったらね役割がありまして。

まき散らすっていう。

撮ったらまき散らすようにお願いします。

あとFacebookとかブログとかメルマガとか書いてる人は、講演会の内容に関してはですね、内容ね、書き放題

しかも言ってないことを書いてもいいよ。

なんでかっていうと、あの講演会とか、本とかもそうなんですけど、みんな同じように聞いてませんから。

今日例えば、僕のオープニングに関して「うわー」ってなる人もいれば、一番最後のことで「うわー」ってなる人もいれば、「鴨頭わけわからんだけど、平本さんので分かりました」とか、色々みんな違うと。

それでいいです。

学びの場ってのはね、講師が主じゃないんです

役割として喋ってるけど、主はあなた。

だから何も得なかったらあなたの命の時間とお金は全部ムダ遣い

ごめんなさいね。

だいぶ前半からスプラッシュマウンテン状態なんですけど、喜んで浴びてるからまあいいかなと思ってるんですけど、だけど逆に今日の講演の中で「マジかこれだ!」っていう気づきバコンと得て、人生ごっそり変わる人も出ます。

それが、セミナー、学びの場の価値なので、ぜひですね、自分が何に気づくかっていうのが全てなんだと思いながら聞いて頂ければと思います。

そろそろ内容いかないと。

僕のパートが全部僕が思ったことだけ感じたことだけで終わってしまうんで、もうだいぶ汗かいてるのがわかりますよね。

あ、大丈夫大丈夫。

最後はジャケットの色も変わりますから、楽しみにしててください。

次回:3)理想の環境だけでなく、「理想の組織」が作れる立場を手に入れよう!

ABOUTこの記事をかいた人

人材育成・マネジメント・リーダーシップ・顧客満足・セールス獲得・話し方についての講演・研修を行っている日本一熱い想いを伝える炎の講演家。 「良い情報を撒き散らす」社会変革のリーダーとして毎日発信しているYouTube(通称:鴨Tube)の総再生回数は1.7億回以上再生され、チャンネル登録は100万を突破。日本一のYouTube講演家として世界を変えている。 また、著者としてもリーダー・経営者向け書籍を中心に15冊(海外2冊)を出版する作家としても活躍している。