鴨頭流トーク術!大したことない話を「面白い」に変える3つの方法[11]

大したことない話を「面白い」に変える3つの方法

本記事は動画の【28:20】辺りから▶大したことない話を「面白い」に変える3つの方法

実践の前に!エピソードトークを喋るポイントのおさらい

 

2人1組の方がやり易いかな?ちょうどいいね。

 

じゃあお隣の方と2人1組になっていただいて、最近あった大したことのないことを面白く喋るっていう実践を…、

 

えなんで?大したことない話でいいんだよ?

 

じゃあ設定変える?最近あったすごい話してください。

 

衝撃的なエピソードを喋ってください。

 

どっちでもいいです。

 

衝撃的なエピソードを喋っても構いませんけど、別にここは技術の話をしているので、大したことない話でいいです。

 

あのあまりにもここ(思索や気づき)を意識しすぎると難しいので、ここは練習なのでなんか(プレゼントを)つけてればいいです、今日は。

 

あまりここのハードル上げると喋れないんで。

 

ポイントはここでどれだけ相手に絵が浮かぶように喋れてるかです。

 

セリフを5割から7割入れて、今日のテーマはそれでいいです。

 

もちろん今後はここのことを意識して喋るんですけど今日はいいです、練習なんで。

 

まずは技術的なことをやってみたいんです。面白く喋るんです。

 

とにかくセリフをたくさん入れるんです。

 

説明をしない。説明とエピソードトークの違いはこの2番と3番だけなんです。

 

絵が浮かぶようにセリフをいっぱい入れると面白くなって、絵が浮かばないでセリフを入れないと説明になって面白くなくなるんです。

 

次回:12)学校だって職場だって、エピソードトークがあればこんなにも変わる!

ABOUTこの記事をかいた人

人材育成・マネジメント・リーダーシップ・顧客満足・セールス獲得・話し方についての講演・研修を行っている日本一熱い想いを伝える炎の講演家。 「良い情報を撒き散らす」社会変革のリーダーとして毎日発信しているYouTube(通称:鴨Tube)の総再生回数は1.7億回以上再生され、チャンネル登録は100万を突破。日本一のYouTube講演家として世界を変えている。 また、著者としてもリーダー・経営者向け書籍を中心に15冊(海外2冊)を出版する作家としても活躍している。