優秀な上司なら気づいてる、働く価値観が時代によって変わる理由

 

70以上

「食べ物」

だったわけですね!!

何でかというと
戦後間もない頃

お腹いっぱい

食べたことがないからね!

次に来たのが

「お金」

高度成長の時代に

自分が幼少期を過ごして

自分の親が お金を稼ぐことによって

子どもたちを幸せにしようとした
(お金の)価値が最も高かった時代

資本主義が浸透した時代ですね!!

「存在」

「自分は何のために

 生まれてきたんだろう」

っていうことを確認したい

やりがい世代ですね!!

次の世代が来るのは何だろう?

答えはわからないですよね !

わからないです!

「充実感」

いいですね!!

答えはわからないですよ!!

そりゃそうですよね

まだ来てないから
価値観の形成終わってないしね!

わからないんですけど

「宗教」

ケイ面白い!
面白さでいうと

ナンバーワンだね!!

ここはわからないことを前提に

頭の体操レベルで考えると

僕はこれじゃないかなっ

ていうのがあります!!

「人気度」

面白いですね!!

僕はこれじゃないかなっていうのを持っていて

多分 答えを聞くと

「ああ なるほど」

って思うかもしれませんが
僕は ここはもうね

ここに近しいんですけど
ここの間にほら

価値観の大きなキャズム

谷があるので

物質的なものから

精神的なものなので
こことここ

近いですよね!!

「食べ物」

って

「お金」

によって手に入れることが

できるからね!!

ここもまだね近しい概念

だと思ってるんです!!

僕はこんな表現に近くなるんだろうと

予想しているのが

「自己実現」ね!

こうなってくるんじゃないかな

という風に思っています!!

もしかしたら この先のが先に来る

可能性はあるんですけど

でも僕はね

「自己実現」

じゃないかなという風に思っています!!

自分の存在 役割っていうものと

「自己実現」って
全く離れてはいないと思うんですよね!!

ちょっと親戚
ここと同じような親戚っぽいものだと

思うんですけど

「自分は誰かの

 役に立ってる」

って思えた時に

すごく充実感を味わったりはするので

そこにややニュアンスが

近いと思うんですけど
僕は

「自己実現」

というレベルにスライド

ここは近しいものが

スライドしていくんじゃないかなという風に

何となく思ってますね!!

なので どっちかというと

この段階はね
僕の表現ですよ!!

ちょっとね迷い

あるかなと思っています!!

何でかというと

自分の存在価値というものを

感じる方法って
自分の内側から

「私はこうやって

 生まれてきたんだ」

と思うパターンと
周りの人に認めてもらうことに

よって感じるパターンと

あるなと思っていて

僕はこの存在の軸っていうのは

「承認」

だと思ってるんですよ!!

要は他者承認

人から

認められることによって
自分の存在価値を実感したり

自己承認によって

「これでいいのだ」

って思うっていう段階ね
そうです!

マズローですね!

「生理的欲求」

つまり

「食べたい」

ですよね

「食べたい」
次の段階が

「生存」

「生存」

というのは

「お金」とかですよね!!

次が

「愛と所属」

ですよね!!

「承認」
僕 今ここだと思ってるんですよ!!

今の社会
今の社会っていうか

20代から30代の人が

中心に思ってるのは

この

「愛と所属」

「承認」

「認められたい」

って
「『ここにいていいんだ』

 って思いたい」

って
これがすごく価値観の

ど真ん中にあるなと思って
逆に20代から30代の子たちは

「お前なんか

 いらねえんだよ」

っていう風に
「愛と所属」

の欲求から ちょっと欠け落ちたりとか

「承認」

の欲求が満たされないと

落ちたりするので
僕は今この段階に

来ているなと思って

次の段階が

「自己実現」

っていう風に
社会のレベルが

上がっているということです!!

社会のレベルが

だんだん だんだん

これが満たされるような

仕組みになっているので

「自己承認」

のレベルに次は

行くと思っています!!

まだ

「存在」

が存続しそうですけどって

いうニュアンスは
すごく俺 合意する面があって
何でかというと
これがあと20年でクリアする社会を

作れるかどうかという問題ですね!!

これは

「僕たちが」

とも言えるし

「彼らが」

とも言える

どちらとも言えるんですけど

要は認められるっていうことが

当たり前になったら
次のレベルに進むんですけど

それが実現できなかったら

ずっとここにいるはずなので

段階として
だからそういう意味では

「存在承認」

っていうのが
次の世代にも

まだまだ中心に

なっている可能性はあるので
ここはほら

「食べ物」

が満たされるようになったから次

「お金」

っていう風に

価値観の移行が

起きてますよね!!

これ まだここでも

お腹いっぱい

食べられていなかったら

ここも

「食べ物」

になってるはずなんですよね!!

そうしたら もしかしたらここが

「お金」

になってるかもしれない
という風にずれるので
だから今のこの

ここ 20代から70代の人が

同じように社会を形成している中で

この

「存在承認」

ということができるような

レベルに社会がなったら
移行が早くなるってことね!!

でもこの社会が実現できなかったら

まだ満たされてないので

価値観の移行は起きないっていう

風に見てますね!!

「承認」

って 基本的に

「他者承認」

のことを
我々は

「承認」

と呼んでいますね!!

「自己承認」

「他者承認」

が認められないと起きないっていう

理論なんですよ!!

マズロー
って

つまり

「承認」

って2段階に分かれていて

下が

「他者承認」

になっていて 上が

「自己承認」

なってるんですよ!!

つまり他者から承認されて初めて

「私は居るだけで

 価値がある」

という実感になっていくので

まずは

「他者承認」

が満たされる社会が作れたら

「自己承認」

に行くので
もちろん この間にすぐに……
この間っていうかね!!

この世代が生きてる間に

次の価値観に移行するかどうかは

「他者承認」

レベルが実現した社会で

「自己承認」

の実感が得る人が増えた時に初めて
次の価値観の移行が起きるよねっていう

理論になっているので
きっとそんなふうに

動いていくんだろうな

という予測はしてますけど
じゃあ予測してるからって先に

こっちに動こうとしているかというと
僕は全然そんなことなくて

あくまで今はこれを

求められているんだから

例えば僕は趣味が

社会貢献なので

その趣味の中で
この

「他者承認」

の仕組みを作れないだろうかっていう
チャレンジをしていく

という風に考えていますね!!

ABOUTこの記事をかいた人

☆ 鴨頭嘉人プロフィール ☆ YouTube講演家 鴨頭嘉人 株式会社東京カモガシラランド 代表取締役社長 高校卒業後、東京に引越し19歳で日本マクドナルドにアルバイトとして入社 4年間アルバイトを経験した後、23歳で正社員として入社。 30歳で店長に昇進。32歳の時にはマクドナルド3300店舗中、 お客様満足度日本一、従 業員満足度日本一、 セールス伸び率日本一を獲得し最優秀店長で表彰される。 その後も 最優秀コンサルタント。 米国プレジデントアワード、米国サークルオブエクセレンスと国内のみならず全世界のマクドナルド表彰も全て受賞する功績を残す。 2010年に独立。現在は組織構築・人材育成・セールス獲得についての講演・研修を行っている日本一熱い想いを伝える「炎の講演家」として活躍する傍、株式会社3社の経営とNPO法人1社の経営、出版社も運営。 著者としてもリーダー・経営者向け書籍を中心に12冊(海外2冊)を出版する作家としても活躍。 2013年、伝わるコミュニケーションスキル・伝えるスピーチスキルを身につける「話し方の学校」を設立。現在7,000名以上に【目的が達成できる伝達力】を教えている。2016年、出版社「かも出版」を設立。2018年、プロ講演家、セミナー講師として自ら成果の出た「自分の売り方」を体系化し、講師業に特化した「プロ講師の学校」を開校。 有料オンラインサロン人気ランキング日本第5位 良い情報を撒き散らす仲間を増やすコミュニティ「鴨Tube研究所」、日本第6位 良質で最新のビジネス情報を共有できるコミュニティ「鴨Biz」を主宰。 また、【良い情報を撒き散らす】社会変革のリーダーとして発信しているYouTube(通称 鴨Tube)は、登録者59万人を突破。講演家、自己啓発部門では日本一の影響力を発揮している。 世の中のサービスパーソンを元気にする活動『ハッピーマイレージ』の創始者。