「情報発信は絞った方がいい」はホント⁉️️

 

「SNSって、1テーマに絞って発信した方がいいですか?」

 

そんな質問を受けた時の、僕の答えは明確です。

 

なぜならこれからのビジネスは、◯◯を売るから❤️



本題に入る前に、お知らせです*\(^o^)/*

 

=====

 

お知らせ1つ目

 

話し方の学校の入学体験講座が開催されますっ💓

 

僕が直接お話させて頂きますので、ぜひ会いにきて下さい*\(^o^)/*

 

3月26日(金)11:00~12:30 (大阪)

3月27日(土)11:00~12:30 (東京)

 

(※申し込みリンクはこちら→)https://hanashikata-school.com/try/



ビジネスYouTuberの学校も、ぜひチェックしてみてくださいね💓

 

3月26日   (金)  15:00〜17:00 (大阪)

 

(※申し込みリンクはこちら→)https://kamogashira.com/businessyoutuber/


=====

 

お知らせ2つ目

 

最近僕はVoicyというアプリで、毎朝9時頃に10分間の音声を発信しています*\(^o^)/*

 

まだ聴いたことがない方は、ぜひ聴いてみてほしいです❤️

(※こちら→)https://voicy.jp/channel/1545


さらに、このVoicyの応援スポンサーになってくれる方を募集しています*\(^o^)/*

 

鴨頭嘉人を応援したい方や、鴨頭嘉人に「大好き❤️」と肉声で言ってもらいたい方!

 

ぜひ、案内ページをチェックしてみてください💓

(※こちら→)https://kamojapan.thebase.in/items/41401204


=====

 

▼ 焼肉屋ではなく、ブランド屋


昨日まで僕はビジネス実践塾2daysという講座をやっていました‼️

 

講座の中には「客単価を上げるためにはブランド化しよう」という話があって、その「ブランド化するためにはどうしたらいいのか」という話を、ちょうど昨日の朝にVoicyで箕輪厚介さんが発信していたので、すぐにパクらせて頂きました💓


箕輪さんの言ったことをシンプルにまとめると、ブランドは三つの三角形を大きくすることであると。

 

哲学(フィロソフィー)

 

視覚情報(ビジュアル)

 

機能(ファンクション)


この三角形のサイズが大きくなる分だけ、ブランドとしてものすごく輝いてくるという、そういう内容でした。

 

詳しくは、箕輪さんのVoicy「ブランドを作る三角形」をチェックしてみてください💓

(※こちら→)https://voicy.jp/channel/946/138779



この内容をパクらせてもらったのですが、僕の中にもパクリの流儀というものがありまして。(笑)

 

箕輪さんの言っていることをそのまま理論として使い、例え話も箕輪さんの言っていることを使うのは違うなと思っています。

 

箕輪さんから学ばせていただいたことを、僕の文章で、僕なりの例え話を使って説明して行くんだったら、パクリの流儀としてはオッケーだという風に許可できるんです。

 

なので、今回はそのブランドの作り方を、今年オープンするYAKINIKUMAFIA池袋店を例に出しながら紹介しました。


なぜならYAKINIKUMAFIA池袋店はもはやただの焼肉屋ではなく、完全にブランド屋になっているからです。


すると、それを聞いていたうちのスタッフ、彩里(さいり)がこのYAKINIKUMAFIA池袋店のブランド化の話があまりにも衝撃的で、自分も働きたくなったと言い出しました。(笑)

 

彼女は普段はパーソナルカラー診断やファッションコンサルタントの仕事をしつつ、うちのセミナーの事務局を手伝ってくれていました。

 

また、今度うちがオープンする脱毛サロンのセラピストになることも決まっていました。

 

さらに、彼女はシングルマザーで子育てもしています。

 

そんな彼女なので、まさか僕も彼女にYAKINIKUMAFIA池袋店の仕事をしてもらおうなんて考えていませんでした。

 

でも、彼女が言うんです。

 

「かもさん、YAKINIKUMAFIA池袋店のブランド化の話があまりにも衝撃的で、素晴らしくて、私もどうしてもここで働きたいです!!」


というわけで僕も、

 

「じゃあ、、、

 

 彩里は子どももいるし、営業時間が短いイベント営業の日とかに働いたら*\(^o^)/*」

 

と、その場で採用が決まりました❤️(笑)

 

▼ SNSは情報を絞るべき?


そんな、自分の「働く環境」や「働き方」に対してすごく一生懸命な彩里。

 

昨日のビジネス実践塾が終わった後、彼女から相談を受けました。

 

「かもさん、私、悩みがあるんです。

 

 SNSって、何に絞って発信すればいいんでしょうか?

 

 もともと私はパーソナルカラーやファッションについての情報発信をしていました。

 

 そして最近は、東京カモガシラランドで事務局の仕事をしたり脱毛サロンのセラピストであったり、さらにYAKINIKUMAFIA池袋店でも働かせていただく事になります。

 

 これ、全部の情報を発信したら、私は何をやっている人かわからなくなりますよね。

 

 だから、何に絞ってSNSをやったらいいかわからないんです。」


それに対する僕の答えは、明確です。


「そんなの、絞らなくていいよ。

 

 だって『彩里を売る』んだから。」


彩里は目を丸くしていました。

 

「私、商品を売らなきゃいけないと思っていました。」


僕は続けて説明します。


「あのさ、考えてみて欲しいんだけど。

 

 お客様って、今商品を買っているかな?

 

 例えば彩里は「話し方の学校」という商品を買うとき、鴨頭嘉人の「話し方の学校」と他の会社の話し方の教室を比べた??」


「比べませんでした。むしろ、かもさんの開催する講座の中で「話し方の学校」と「鴨塾」のどちらを買うか迷いました」


「ほら。ということは彩里も、商品じゃなくて『人を買っている』んだよ。

 

 昔は『どの商品を買うか』という時代だったけど、今の時代は『どの人から買うか」なんんだよ。

 

 もちろん、例えばユニクロみたいな大企業が低単価でたくさんのものを販売する場合は、『どの商品を買うか」で選んでいる人が多い。

 

そして、そういうビジネスは今後も残るとは思う。

 

でも、そういう大企業型のビジネスだけではなく、『この人の考え方が好きだから買いたい、この人を応援したいから買いたい』という、『人を買う』ビジネスモデルも絶対に残るよ。

 

これから完全に、二極化していく。

 

だから、僕の答えは決まっている。

 

情報は絞るな。全部出せ。』」

 

▼ そのまま出せば、迷わない


情報発信の仕方について、彩里のような悩みを持っている方も多いのではないでしょうか。

 

あなたが大企業で働く広報の担当者であれば、おそらく商品を絞って情報発信するが正解になると思います。

 

でも、もしあなたが個人事業主や中小企業で働いていて、「商品をファンの人に販売する」というビジネスをやるんだったら、もう答えは絞らなくていいです。

 

「あなたを出す」

 

そのままのあなたを出して、あなたを売って下さい。


あなたが多才で色々な活動をしているなら、その情報を全部発信しましょう。

 

逆に、たった一つの事が大好きな偏愛者は、(以前記事にも書いた、蝶が大好きすぎる蝶太郎のような方は)その一つの事を徹底的に発信しましょう。

 

(※蝶太郎の記事はこちら→)https://kamogashira.com/voicy20210312/03/


つまり、情報は絞るのか?広げるのか?

 

そういう事ではなく「自分をそのまま出す」

 

それだけなんです。


僕も今、自分が消費者として何かを買う時には「誰が売っているか」を意識して買っています。

 

今はそんな風に『人』を売り、ファンを増やしていく方が健やかでストレスがなくて利益が獲得できるんだと思います。


健康的なビジネスを、みんなでしていきましょう*\(^o^)/*💓


それでは、今日という最高の一日に、、、

 

せーのっ!いいねー❤️

 

ばいばい💕



▼鴨頭嘉人の熱量がもっと味わえる日本一熱い🔥オンラインサロン(未発表のシークレット企画やサロン限定な㊙情報などが見れます)はコチラ↓

https://kamogashira.com/onlinesalon/

 

▼鴨頭嘉人の公式LINE(最新情報が届く)はコチラ↓

https://kamogashira.com/kamoline/

 

ABOUTこの記事をかいた人

人材育成・マネジメント・リーダーシップ・顧客満足・セールス獲得・話し方についての講演・研修を行っている日本一熱い想いを伝える炎の講演家。 「良い情報を撒き散らす」社会変革のリーダーとして毎日発信しているYouTube(通称:鴨Tube)の総再生回数は1.7億回以上再生され、チャンネル登録は100万を突破。日本一のYouTube講演家として世界を変えている。 また、著者としてもリーダー・経営者向け書籍を中心に15冊(海外2冊)を出版する作家としても活躍している。