部下が引いたら…最高評価!!逆転のリーダーシップ

講演活動をやっていると「会社を変えたい!」とか「もっと良くしたい!」と思っているリーダーの人といっぱい出会います。『 会社を変える 』って凄く大きなテーマに聞こえるけど、実は実際に会社が変わる時のリーダーシップっていうのはすごくシンプルだなーって感じてます。

例えば、自分のチームメンバーに『 最高な挨拶 』をして欲しいと思ったとしましょう…。
そしたらリーダーがやるべきことはたった一つ…。
『 自分が毎日最高な挨拶をする! 』
それをとにかく伝わり続けるまでやることが一番強力で必ず成功するしか無いリーダーシップの原理原則だな〜って思っていて、よく講演の中でも「最高の挨拶をやってみましょ〜う!!」って言って、みんなで実際に立ち上がり…
ポジティブな言葉
ポジティブな表情
ポジティブなアクション

を実際にやってみたりします。

やる前は、みんな…めっちゃ引いてます。「え〜〜そんなことやらせんのかよっ」みたいな、そんな表情をしている人のほうが…どちらかというと多いです(笑)でも実際にみんなで『 全力で最高の挨拶 』をやった瞬間…。みんな心からの笑顔で!!大拍手をみんなに贈り合っている姿を見てやっぱり 『 原理原則は変わらない 』んだなーってすごく感じてます!!
その講演の中ではみんなやりたいって思うんだけど、よく講演が終わった後のQ&Aとか名刺交換会の時に言われることがあります。それは「今日先生が言ってくれたことはホントに理にかなってると思うしやりたいって自分も思いました!でも実際に明日やるのは、怖いです・・・。」そんな風に正直に言ってくださる方が、いらっしゃいます。それは多くの人が抱えている恐れだったり、不安だったりすると思うので・・・ちょっとここでシェアしておきたいと思います!

例えば最高の挨拶…
これやっただけでみんなの仕事に対するヤル気も変わるし会社の雰囲気変わるなって思うけど今までやってなかったのに・・・急に元気なあいさつとかやり始めたら『 部下が引いちゃうな〜 』って言うのは誰もが思うことだと思います。
その時に大事なのが・・・
肯定的解釈力なんだって思います…!!

もうちょっと詳しく説明します。最高の挨拶を突然「よし!みんな!!今日もみんなと最高の仕事ができるのが嬉しくてたまらないよ!!!」なんて急に言ったら部下がなんだこの人・・・突然何言い始めちゃったの??昨日の研修でなんか吹きこまれちゃったんじゃないの??洗脳されてきたんじゃないの??」
そんな風に思われるかもしれないです(笑)

その瞬間がチャンス!!!!!!

肯定的解釈力が試されてますっ!!!!!

つまりその時にどう解釈するかっていうと「みんなが引いたってことはおれ変われたんだ〜〜〜凄いっ!!」っていう肯定的解釈を自分に向けること。やっぱり自分にYESが出せればやり続けるエネルギーに転換することができる!!
部下が引いた姿を見て『 自分にYESを出す 』これこそが一番ポイントだなーって思います!!

そして今日引いてくれたら「 よっしゃーーみんなが引いてくれた 」って思ってまた明日もやる…そして明後日もやる…10日後も…ヘタしたら50日…100日続くかもしれません・・・
でも想像してみて欲しいんですよ、101回目…『部下が最高の挨拶を返してくれる』その瞬間が来た時…『 感動 』しかないですよね〜〜
下手すると初日に挨拶をしてくれるよりも101日目に伝わった方が感動できるかもしれないじゃないですか!!

そう思うと今日やってみて、引いて下さった時に「やった!!おれは変われた!!」っていう感動と『将来感動する瞬間が生まれる』っていう感動の予感2つを味わえる…!!これを毎日毎日感じながら…『 自分を変えていく 』って事が出来れば必ずその人はそのチームを変革させるリーダーになるっ!!そんな風に思います!!

だから、自分が変わった時に部下が引いてくれるってことは最高のスタートなんだって気づいて…!!
「 ナイストライ!!」その言葉を…自分に伝えてあげる!!そんな覚悟を持ってスタートすれば次の日にも、また一歩また一歩って踏み出すことができる『 変革のリーダー 』に誰でも今日からなれる…!!

 

部下が引いたら『 自分に最高評価 』あげてみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

人材育成・マネジメント・リーダーシップ・顧客満足・セールス獲得・話し方についての講演・研修を行っている日本一熱い想いを伝える炎の講演家。 「良い情報を撒き散らす」社会変革のリーダーとして毎日発信しているYouTube(通称:鴨Tube)の総再生回数は1.7億回以上再生され、チャンネル登録は100万を突破。日本一のYouTube講演家として世界を変えている。 また、著者としてもリーダー・経営者向け書籍を中心に15冊(海外2冊)を出版する作家としても活躍している。