エレベーター中で気まずくならない会話

おはようございま〜す!
サービスハピネスクリエーターの

鴨頭嘉人です。

1週間が始まる最高の月曜日、
今週も最高の物語をつくっちゃいましょうね!

今回は

『エレベーターの中で
気まずくならない会話

というテーマで
「鴨め〜る」をお届けさせていただきます!

最後まで読んでいただけましたらぜひっ、
今回の「鴨め〜る」への

%LAST_NAME%さんの

ご感想、ご質問、意見など
一言でもいいので
この ” メールに返信   で
お気軽にしていただけたら嬉しいです♡

それでは、
鴨頭嘉人の気づいちゃったメルマガ
「鴨め〜る」行かせていただきま〜す!

 ▼  ▼  ▼  ▼

先日、池袋のビルのエレベーターで
出会った人との会話が
興味深かったのでご紹介しますっ。

僕が7階でエレベーターに乗って
ドアが閉まりかけたんですが、

その向こう側に乗ろうとしている人を見つけたので
『開く』を押したんです。


その男性が

「あぁ、、、、すいません」
って言いながら入ってきたので

「いいえ、おはようございます」
って言ったら

それに対して相手の男性が

「すいません、
おはようございます」
って言ったんです。

続けて僕が

「何階ですか?」
って聞いたら、

「あ、すいません1階です。」
って言ったので

 

「分かりました。1階ですね!
 今日ちょっと雨模様ですけど、
 涼しいですよね」
っていう風に・・・
会話を続けてみました。

そしたら、

「そうですよね・・・
 すいません。」
って答えたんです。

エレベーターが1階についたので
僕は『開く』のボタンを押しながら、

「どうぞ」
って言ったら・・・

「あ、すいません」
って言って、

最後別れ際に僕が

「週の始まりの月曜日ですね!
 今日もお互い仕事
 頑張りましょうね!
 いってらっしゃーい!」
って言ったら、

「あ、どうもすいません・・・。」
って言って会話が終わり・・・

その人は会社に出かけていったんです。

 

エレベーターの相乗りっていうのは
よくあることだと思うのですが、

 

僕はこの中の会話の
『あるポイント』に注目したんです。

エレベーターで出会ったその男性は、

たぶん30代中盤くらいの
サラリーマンの男性でスーツの着こなしに
清潔感のある感じの方でした。

ただ、会話してるときは
ずーっと
すいません」っていう言葉・・・。
すいませんの眉毛・・・。
目尻の下げた表情・・・。


「すいません」
を中心に
ずっと話しをしていました。

印象としては、もちろん『いい人』
でも、もったいないと感じたんです。

もしも

『すいません』の会話を
『ありがとう』に変えたら…

あのエレベーターの空間は
簡単に変わるんじゃないかなって思ったんです・・・。
例えば、

「ありがとう」に変えると
こんなやりとりに変わります。

僕がどうぞってボタンであけた瞬間に・・・

「ありがとうございます。」

 

「何階ですか?」

 

「ありがとうございます!1階です。」

「わかりました!1階ですね!
 今日ちょっと雨模様ですけど、
 涼しいですよね」

 

「そうですね!
 過ごしやすくなりましたね~」

 

1階に着いて

「どうぞ!」って言ったら

 

「ありがとうございます!」

 

最後別れ際に

「週の始まりの月曜日ですね!
 今日もお互い仕事
 頑張りましょうね!
 いってらっしゃーい!」

 

「はい!ありがとうございます!
 お互いに頑張りましょう!!」

 

もし、そう言って彼が出かけたら・・・

空間が変わってたんじゃないか
って思ったんです。

 

実は、

「すいません」の言葉も

「ありがとう」の言葉も

同じ文字なんです。

 

たったの5文字ですが、
たった5文字が変わっただけで、

お互いが一人の人間として・・・
個人として繋がれる・・・。 

同じ5文字でも、

『どんな言葉を使うかで

 大きな違いを生む』 

って感じました。

エレベーターに乗ってる間は数十秒で、
長くても1分もあるかないかくらい。

その間に6回「ありがとう」って伝えられるんです!

その回数が多過ぎるから
「もう言うなよ!」って感じる人はいないと思うんです。

でも、「すいません」って6回も言われると・・・
あまり話しかけちゃいけないって思うかもしれないですよね。

何度もすいませんって言われたら
「気をつかせて悪いな」って
・・・思うかもしれません。

「すみません」っていう言葉は
拒否はしていないんです・・・が

『繋がりを持ちたい』

というコミュニケーションにはならないのかもしれません。

言葉を変えただけで・・・
人間関係に大きな違いを
つくり出している!!

 

「すいません」をやめて、

「ありがとう」に変えること。

たったこれだけで
たぶん空間が変わって、
表情が変わって、
気分が変わって、

それによって
人間関係が変わって、
今日1日の価値が変わって、
人生が変わるって気づいちゃいました!!

僕は、これからは

「すいませんを使うのやめて
 ありがとうに差し替えよう運動!!」

やろうと思ってま~す(笑)

 

ぜひよかったら意識してみてくださいねっ。

最後まで読んでくださり、
ありがとうございます!!

今回の「鴨め〜る」

『エレベーターの中で  
 気まずくならない会話』

というテーマでお伝えさせていただきました。

何か伝われば嬉しいです!

 ■  ■  ■  ■  ■  ■ 

 

使う言葉を変えれば、
場面を変えられるのに。

順序を変えれば、
最後まで飽きずに聞けるのに。

 

大切なところだから、
声がもっと前に出るといいのに。

 

「繋がる話し方」
を知らないだけで

人間関係に大きな違いをつくり出している。
損をしてしまっている。

ビジネスで言うと

あなたの扱う商品の魅力を、
あなたの知っている技術の良さを、
あなたが持っている知恵や才能を、

 

あなたにしかできない表現で
もっと多くの人に伝え、
繋がっていく。

 

そのための道具
「繋がる話し方」
を磨いてみませんか。

ぜひその第一歩として、
話し方の学校入学講座に来てみて下さいっ

▼9月2日(月)話し方の学校 入学講座
http://ptix.co/151Z6Su

▼9/14(土)入学講座もあります
http://ptix.co/16o2ko3

▼9/25(水)入学講座もあります
http://ptix.co/14jhExf

*期間限定単発講座!ご好評により追加開催

▼9/18(水)一生忘れられない自己紹介講座
http://ptix.co/13rAcQn
 ■  ■  ■  ■  ■  ■ 

ABOUTこの記事をかいた人

☆ 鴨頭嘉人プロフィール ☆ YouTube講演家 鴨頭嘉人 株式会社東京カモガシラランド 代表取締役社長 高校卒業後、東京に引越し19歳で日本マクドナルドにアルバイトとして入社 4年間アルバイトを経験した後、23歳で正社員として入社。 30歳で店長に昇進。32歳の時にはマクドナルド3300店舗中、 お客様満足度日本一、従 業員満足度日本一、 セールス伸び率日本一を獲得し最優秀店長で表彰される。 その後も 最優秀コンサルタント。 米国プレジデントアワード、米国サークルオブエクセレンスと国内のみならず全世界のマクドナルド表彰も全て受賞する功績を残す。 2010年に独立。現在は組織構築・人材育成・セールス獲得についての講演・研修を行っている日本一熱い想いを伝える「炎の講演家」として活躍する傍、株式会社3社の経営とNPO法人1社の経営、出版社も運営。 著者としてもリーダー・経営者向け書籍を中心に12冊(海外2冊)を出版する作家としても活躍。 2013年、伝わるコミュニケーションスキル・伝えるスピーチスキルを身につける「話し方の学校」を設立。現在7,000名以上に【目的が達成できる伝達力】を教えている。2016年、出版社「かも出版」を設立。2018年、プロ講演家、セミナー講師として自ら成果の出た「自分の売り方」を体系化し、講師業に特化した「プロ講師の学校」を開校。 有料オンラインサロン人気ランキング日本第5位 良い情報を撒き散らす仲間を増やすコミュニティ「鴨Tube研究所」、日本第6位 良質で最新のビジネス情報を共有できるコミュニティ「鴨Biz」を主宰。 また、【良い情報を撒き散らす】社会変革のリーダーとして発信しているYouTube(通称 鴨Tube)は、登録者59万人を突破。講演家、自己啓発部門では日本一の影響力を発揮している。 世の中のサービスパーソンを元気にする活動『ハッピーマイレージ』の創始者。