鴨頭嘉人 「キングコング 西野亮廣さんはアナロジーの天才だと思う」

ビジネスモデルの作り方は具象・抽象・具象の順番で作る

実は、前回の会場って90万円かかっているんですよ。

(一同驚愕)

とんでもなく、お金がかかっていますよね。うちの事務所の家賃って月70万円するんですよ。それよりも高い金額が1日で使われているんです。これなんでかわかります?絶対に機会損失をさせないサービスがあるからです。集客したあとで、その日のセミナー会場が取れないという痛みを徹底的にはぶいているんです。これがTKPの価値ですね。これは替えが効かないサービスなんです。

替えが効かないサービスを持つと、高単価・高収益のビジネスにすることが出来ます。

最初に具象から行きます。そこから抽象にします。そして、もう一度具象にする。

キングコングの西野さんは「そもそも絵本は何か」、ってことを考えたそうです。絵本を買うのは、お母さんです。お母さんは知らない物語を買わないですよね。知っている絵本を読んであげるわけです。

普通、そんなこと考えないですよね。西野さんはアナロジーの神なんです。知っている物語を買う、という点を理解した上で、ウェブ上でストーリーを全て公開したんです。

「絵本を売りたい」という具象から「そもそも人は何を買っているんだろう」、という抽象化に行き、そこから、「全て公開」という具象にたどり着いているんですね。

「そもそもなんでお土産を買うんだろう」という抽象を考えてみましょうか。成田山と書いてある提灯とかありますよね。あれは、不要ですよね。

(一同爆笑)

でも、思い出を形にするために買っているんですね。人は思い出したい。何度もその感動を思い出すことが出来る。これが、思い出をパッケージにするというサービスなわけです。

そこから、絵本の中身を展示会で開きました。もう一度、その感動を味わうために、西野さんはお土産として絵本を売ったんですね。

これもまさに具象から抽象、具象ですよね。西野さんはいつもアナロジーをしているんですね。日本で一番アナロジーの事例を持っている人、それが西野さんだと思います。

ディズニーを倒すという宣言

西野さんはディズニーを倒すという宣言をしています。今の自分の力だけだと動員は足りない、とわかっていると思います。一度の集客だけの動員だと足りない。映画は公開日付はよく見ますよね。でも、最終日知っている人って少なくないですか?実は多くの人が知らないんです。

理由は、決まっていないからですよね。映画は動員出来なくなると、映画館がやめる。そういうルールなんですね。だから、やけに公開が長い映画と短い映画があるんですね。ボヘミアンとかは今でも上映されていたりしますよね。

「そうか、終わらなければいいんだ・・・」と気づいたんだと思います。僕の勝手な分析によると、ついに負けない戦いを仕掛けはじめた、と思っています。ゲームのルールを変えているんですね。世の中の人があらかじめ決めたルールを変えることが出来るってことですね。

せいぜい上半期・年間までを発表される程度なのが映画。そこから、やめないというやり方が出来るわけです。

そして、今トイレットペーパーを作っているわけです。トイレットペーパーを作れば日常品なので、何度も思い出してもらえる。

さらに、映画館を作ろうとしている。これでついに、永遠に上映する方法を作ったということなんですね。ワンプロダクトを具象・抽象・具象にやっていないんですね。ビジネスモデル自体を具象・抽象・具象にしているんですよ。これはあくまでも僕が勝手に思っている”推測”ですよ、推測。

この事例はかなりレベルが高くてパクリづらいので、もっとわかりやすい方法をパクった方がいいですね。そのためにはアナロジーを知っておきましょうね。

8年前に有料を無料化した事例

例えば、8年前、鴨頭も、有料講演内容を全て無料で公開するということをやっていました。多くの人は売れなくなるぞ、と言われました。でも、僕は元々アナロジーをやっていたのです。「なぜ、歌手のライブでは、初めてのイントロよりも、何千回も聞いたときの方が興奮しているんだろう」という具象を持っていたんですね。

「そうか、ライブでは、新しいことを知りたいのではなく、再体験したいんだ」ということに気づいたんですね。

こんな風にたった1つだけでもアナロジーをするだけで、多くのビジネス力を身につけることが出来ます。

・なぜこのお店は売れているのか?
・なぜ、ここのお店はこの立地でこの内装なのか?

こんな風に考えながら、日常を過ごすといいんです。ビジネスの根本は誰のどんな問題を解決しているのか、という考えそのものです。そこから具象・抽象・具象というループを回すといいでしょう。

皆さんもやってみてください。

 

ABOUTこの記事をかいた人

人材育成・マネジメント・リーダーシップ・顧客満足・セールス獲得・話し方についての講演・研修を行っている日本一熱い想いを伝える炎の講演家。 「良い情報を撒き散らす」社会変革のリーダーとして毎日発信しているYouTube(通称:鴨Tube)の総再生回数は1.7億回以上再生され、チャンネル登録は100万を突破。日本一のYouTube講演家として世界を変えている。 また、著者としてもリーダー・経営者向け書籍を中心に15冊(海外2冊)を出版する作家としても活躍している。