書評 香取貴信氏『人生で大切なことはみんなマクドナルドで教わった』を読んでみて

『人は働くことを通して成長し磨かれる!! やっぱり全ては人なんだ!!』
これが最初に本を読み終えた時の感想でした。

著者の鴨頭さんは最初からこの仕事をしたいと心から思って働き始めたわけでも無く、
友人の誘いから成り行きで一緒に働くことに……。
しかも、働き始めて直ぐにスイッチが入ったのではなくて、
一般的なアルバイトのようにサボったり失敗したりを繰り返しながら、
仕事の本当の意味に目覚めていきます。
僕は多くの人がそうなんじゃないかなぁって思います。

 ただ、マクドナルドと言えば世界一と言えるほどの、
しっかりとした人財育成プログラムがあり、
そのプログラムは時代に合わせて世界中で常に進化を果たし、
全世界中どこの店舗に行っても感じの良いスタッフがもてなしてくれます。
事実海外に行った時など、言葉も通じず食べるものも合わないそんな時、
あのMの文字の看板に心が救われる経験をした方も少なくないんじゃないでしょうか。

それは優れた人材育成の仕組みもさることながら、
その仕組みを実践する上司や先輩に心が備わっていなければそれはただの道具に過ぎず、
人は成長することは出来ないのだと思います。
この本の中にはそうした心ある上司や先輩たちがたくさん登場しています。

[1]の所で登場する、著者とは正反対の控えめで目立たない存在の青田君
卵を素早くキレイに正確に数多く割ることの出来る彼に表面上の結果だけを見て
『青田君は卵の化身エッグマンだね』と言う著者に対して、
ホントは不器用だった青田君が実は神業のようになるまでに、
毎日スーパーに寄って稼いだバイト代で卵を買って、
家の台所で必死になって練習したからこその“今”だと言う、
その陰の努力の事実をも理解している社員マネージャーの宮下さん

更に③[2]の所ではモラルが崩れ、
社員とバイトが慣れ合いの関係になってしまったチームに、
徹底したモラル改善を断行する今田さん
その行動は一旦は仲間から嫌われ、陰口を言われるが、
それでも周りに流されず行動する今田さんに、著者がその真意を訪ねると、
『アルバイトに対してハンバーガーの作り方を教える事が社員の役目ではなく、
いずれ社会に出るであろうアルバイトが不幸にならないように、
人として社会に貢献できる大人に成長させることが僕ら社員の使命と言う本心が語られ、
そこには部下に対する揺るぎない愛情が感じられます。

そして⑤[3]の所では仕事をはじめて3カ月しか経っていない著者をチームの意識改革の為に
AJCC大会の選手に大抜擢するチームリーダーの大川さん
通常であれば元々その業務を行っている先輩たちが選出されるところを、
あえて未経験の著者の特性を見抜き抜擢する、
部下を信じて任せることのできるジャッジによって、
結果抜擢された著者もチームも大きく成長することができたエピソード。


これらのエピソードからもチームに関わる先輩や上司の方々が、
優れた人財育成の仕組みだけに頼るのではなく、アルバイトひとり一人に関わる際に、
根底に絶えず相手を認めその相手の未来の力を信じる“愛”が感じられました。
この愛こそが人を育て成長させるものだと言う事が、
その後著者がリーダーになった時の成幸エピソード⑮[4]『信じられるかどうかではなく、信じると決めてしまう』や、
[5]『人を育てる企業とは出来ない事をやらせる器のある企業』と言う考え方に直結し
チームとしての最幸のパフォーマンスをあげる結果に繋がっているんだと思いました。更に、本書最後の⑱[6]での著者は最初の頃とは比べ物にならないくらいの成長を果たし、
チームを最幸に導く為の本物のリーダー、
『チームや他の人は知らなくても、あなたの本当の素晴らしさは僕が知っている』と言う行動に結びつき、
今の著者の取り組みに表れているんだなぁと、人を成長させるマクドナルドという企業の素晴らしさを感じる事が出来ました。
どうかこの著書が多くの人に読まれ、読み終えた僕のように今の自分の志事のスイッチがONになる人達が増えてくれる事を願っています。


[1] ②……マクドナルドで教わった②逃げさえしなければ、できないことはない
[2] ③……マクドナルドで教わった③本当の愛情は、必ず伝わる
[3] ⑤……マクドナルドで教わった⑤限界を超えるチャレンジにこそ意味が見える
[4] ⑮……マクドナルドで教わった⑮理想は共有すべきものである
[5] ⑯……マクドナルドで教わった⑯働く価値の置き方で、人生が良い方向に向く
[6] ⑱……マクドナルドで教わった⑱人は誰もが期待され、貢献したいと思っている

有限会社 香取感動マネジメント
香取クライマックス貴信

 

 

 人生で大切なことはみんなマクドナルドで教わった 
[button link=”https://kamogashira.com/amazon/” type=”big” color=”blue”] キャンペーン応募フォームはコチラ[/button]

 

 鴨頭嘉人 ✕ 香取貴信 夢のコラボ講演 2012年11月16日 
[button link=”http://www.reservestock.jp/inquiry/1529″ type=”big” color=”orange”]  コラボ講演 チケット販売はコチラ  [/button]

ABOUTこの記事をかいた人

☆ 鴨頭嘉人プロフィール ☆ YouTube講演家 鴨頭嘉人 株式会社東京カモガシラランド 代表取締役社長 高校卒業後、東京に引越し19歳で日本マクドナルドにアルバイトとして入社 4年間アルバイトを経験した後、23歳で正社員として入社。 30歳で店長に昇進。32歳の時にはマクドナルド3300店舗中、 お客様満足度日本一、従 業員満足度日本一、 セールス伸び率日本一を獲得し最優秀店長で表彰される。 その後も 最優秀コンサルタント。 米国プレジデントアワード、米国サークルオブエクセレンスと国内のみならず全世界のマクドナルド表彰も全て受賞する功績を残す。 2010年に独立。現在は組織構築・人材育成・セールス獲得についての講演・研修を行っている日本一熱い想いを伝える「炎の講演家」として活躍する傍、株式会社3社の経営とNPO法人1社の経営、出版社も運営。 著者としてもリーダー・経営者向け書籍を中心に12冊(海外2冊)を出版する作家としても活躍。 2013年、伝わるコミュニケーションスキル・伝えるスピーチスキルを身につける「話し方の学校」を設立。現在7,000名以上に【目的が達成できる伝達力】を教えている。2016年、出版社「かも出版」を設立。2018年、プロ講演家、セミナー講師として自ら成果の出た「自分の売り方」を体系化し、講師業に特化した「プロ講師の学校」を開校。 有料オンラインサロン人気ランキング日本第5位 良い情報を撒き散らす仲間を増やすコミュニティ「鴨Tube研究所」、日本第6位 良質で最新のビジネス情報を共有できるコミュニティ「鴨Biz」を主宰。 また、【良い情報を撒き散らす】社会変革のリーダーとして発信しているYouTube(通称 鴨Tube)は、登録者59万人を突破。講演家、自己啓発部門では日本一の影響力を発揮している。 世の中のサービスパーソンを元気にする活動『ハッピーマイレージ』の創始者。