鴨頭嘉人の知られざる過去、、僕は必ず歌手になる

今日は、今まで話したことがない僕の過去について暴露しちゃいます!!

 実は、僕は中学校のときは暗い子でした。野球部のキャプテンをやっていたので、基本的には、1人になる時間はそんなになかったですが、友だちと呼べる人がいたかっていうといなかったんです。なんでかっていうと僕の人生史上、最も内向的な時代だったからなんです。中2くらいからだったと思うんですけどその間の唯一の趣味が歌だったんでした。フォークギター持って弾き語りをしていました。たぶんオリジナルのフォークソングを250曲くらい作っていました。

 あと、詩を書くだけのノートを20冊以上持っていました。今思うと面白すぎるのですが、書かれている詩がとてつもなく暗いんですよ 笑
フォークソングって暗いのが良さみたいなところありますよね。井上陽水さんとか長渕剛さんを弾き語りしてる時代だから影響を受けてて、めちゃ暗いんです。例えば、

 「雨がふれば君に会える」みたいな歌詞だったり、「いつも僕は暗闇の中できみのことだけを想っている」みたいな。今の僕とま反対みたいなそういう歌を作って歌ってたんです。録音するときとか本気で歌うから、うるさいんですよ(笑)マンションに住んでいたので隣りの人に迷惑をかけていたかもしれません。

 よくおふくろから「あなたいい加減にしなさい!!」って言われても、僕はめちゃめちゃ怒って、「うるせー!はいってくんじゃねー!」って言っちゃっていました。たぶん、自分が唯一大切にしていて心の拠り所にしていた歌のことを言われるのがすごい嫌だったんだと思います。

 あと当時、甲斐バンドが好きだったんですけど、彼らの曲をヘッドフォンで大音量で聴きながらめそめそ泣いてる・・そういう時代でした。そんな中、高校受験の時期になりました。僕が目指した今治西高校っていうのは愛媛で2番の高校なんです。どうしても入りたくってすっごい勉強しました。だからもう勉強と歌。それだけの毎日。
だから友だちに会うなんてなく、勉強して歌勉強して歌。《毎日部屋から出ない》みたいな受験勉強期間でした。完全に引きこもりですっ(笑)

 今でも覚えてるんですが歌詞を書いているノートの中に「誓い」というタイトルで書いているページがあってそこにはこう書いてありました。

————————————————————————————–

 僕は、必ず歌手になる。
だけど今はすぐデビューできるわけじゃないから今この瞬間歌手になるために何ができるかって考えたら
目の前のことをどれだけ一生懸命やって、たくさん失敗したりたくさん傷つくことができるか
それがきっとすばらしい歌をつくる源になるはずだ。
だから今はたくさん挑戦してたっくさん失敗しよう

 —————————————————————————————-

 いいこと書いてますよねっ!!(笑)で、受験の結果なんですが、頭が良くなかったので、第一志望の高校は無理だって言われていたけれど、諦めずに頑張って、、結局、補欠入学で入れたんです。それから、野球部に入って厳しい練習を最後までやり通すことができました。

 その後、マクドナルドでアルバイトし始めて先輩から厳しいことをたくさん言われて、辛い経験がたくさんありましたが、高校時代の経験があったからこそ、「俺はお前らとは違うんだ」「俺はあの辛い時期を耐えてきた人間だ」という根性で頑張り抜くことができました。

  あの辛い野球部がそうだった。受験勉強もそうだった。誰も知らなくても俺はその頑張ってきたことを知ってる!!って思ってたことが、周りが何て言っていたかは関係なく、一日も早くアルバイトマネジャーになる!とか、絶対に社員になる!オレはできる!という夢を諦めずに追求できた土台になっていると思っています。

  そう考えると結果的に今の自分って、暗かった中学生のときに書いた誓いっていう言葉みたいになってるんです。

 だから、つまり人は思ったとおりになるってことなんです。

 僕は今はこうやって明るく情熱的な太陽だって言って多くの人にメッセージを伝えるというスタイルで生きてるので、もしかするとポジティブで明るくて元気だから自信があるとみんな思ってるかもしれないけど、そんなことなくて、もともとは歌と勉強しかやってなかった引きこもりだったんです。

 でも、僕が結果的に当時憧れた通りの人生を生きてるっていうことは、今引きこもりの人でも今自信がない人でも、何かがきっかけで全部意味があるとかオレはできる!と思えた瞬間にできるっていう人生が歩めるんだから。人はいつでも変わることができる、引きこもりっていう経験も最高!!って思います。つらい過去も経験にも全部意味があってそのあとに多くの人に与えるために授かった経験でしかないんです。だから、あなたが今どんな状況でも大丈夫!!なんとなく中学時代を思い出すとそう感じています。

何か恥ずかしいですねっ!!僕の経験が何か役立てば嬉しいです。

 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

☆ 鴨頭嘉人プロフィール ☆ YouTube講演家 鴨頭嘉人 株式会社東京カモガシラランド 代表取締役社長 高校卒業後、東京に引越し19歳で日本マクドナルドにアルバイトとして入社 4年間アルバイトを経験した後、23歳で正社員として入社。 30歳で店長に昇進。32歳の時にはマクドナルド3300店舗中、 お客様満足度日本一、従 業員満足度日本一、 セールス伸び率日本一を獲得し最優秀店長で表彰される。 その後も 最優秀コンサルタント。 米国プレジデントアワード、米国サークルオブエクセレンスと国内のみならず全世界のマクドナルド表彰も全て受賞する功績を残す。 2010年に独立。現在は組織構築・人材育成・セールス獲得についての講演・研修を行っている日本一熱い想いを伝える「炎の講演家」として活躍する傍、株式会社3社の経営とNPO法人1社の経営、出版社も運営。 著者としてもリーダー・経営者向け書籍を中心に12冊(海外2冊)を出版する作家としても活躍。 2013年、伝わるコミュニケーションスキル・伝えるスピーチスキルを身につける「話し方の学校」を設立。現在7,000名以上に【目的が達成できる伝達力】を教えている。2016年、出版社「かも出版」を設立。2018年、プロ講演家、セミナー講師として自ら成果の出た「自分の売り方」を体系化し、講師業に特化した「プロ講師の学校」を開校。 有料オンラインサロン人気ランキング日本第5位 良い情報を撒き散らす仲間を増やすコミュニティ「鴨Tube研究所」、日本第6位 良質で最新のビジネス情報を共有できるコミュニティ「鴨Biz」を主宰。 また、【良い情報を撒き散らす】社会変革のリーダーとして発信しているYouTube(通称 鴨Tube)は、登録者59万人を突破。講演家、自己啓発部門では日本一の影響力を発揮している。 世の中のサービスパーソンを元気にする活動『ハッピーマイレージ』の創始者。