プレゼンテーションの持つ本当の力

世界を変えてきたのは全部
『プレゼンテーション』

『TED(テッド)』って知っていますか?

僕は知らなかったんですが
僕のスピーチの先生である西任暁子さんに
教えてもらいました。

『TED(テッド)』というのは、
学術・エンターテインメント・デザインなど、様々な分野の
第一線で活躍する人物を講師として招き、
定期的にカンファレンスを開催しているグループの略称です。

拠点はアメリカにありますが
インターネットを通じてその活動は全世界に配信されています。

過去に特番でやってたものを西任さんが
見せてくれたんですが、

プレゼンターの1人であるナイジェルの行った
『ワークライフバランス』という
プレゼンテーションにすごく衝撃を受けたので、
今日はそれを紹介させてくださいっ。

 

ワークライフバランスと聞くと
どういうイメージが浮かびますか?

言葉から何となくイメージすると

『仕事と人生のバランスを取る』
ってことなのかなぁなんて思ったりしますよね。

「 仕事ばっかりやらない方がいい!」という
メッセージを込めて伝えられている
場合もあると思います。

もし、イメージの通りに受け取れば

今猛烈に働いている人であれば
「 プライベートを充実させましょう!」
ってメッセージだと思うかもしれません。

でも、
彼が言っていることは
それらの具体的なやり方ではありませんでした。

むしろ、

バランスをとると称して
年に4回も5回も海外旅行に行くとか
記念日にサプライズをするといった
極端なやり方はよくないことであり、

もっと大事なことは他にあると言っていました。
それは一体何なのかを
僕もめっちゃ興味津々で映像を見ていました。

彼のメッセージをお伝えする前に
彼自身のことを少し紹介したいと思います。

 

ナイジェルは
もともとは古いタイプの企業戦士でした。
食べ過ぎ、飲みすぎ、働きすぎで
家庭をないがしろにしていました。

しかし、40歳のときに立ち止まり自らを省みて
ライフワークバランスの問題に対処しようとし始めました。

そのために、
会社を辞め、家族と共に家で1年間過ごしたそうです。

彼はお金が尽きかけてまた再び働き始めて
以来7年間ワークライフバランスに取り組み、
勉強し、執筆してきました。

そんなあるとき
彼に、自身のワークライフバランスについて
考える上で決定的となる出来事が訪れます。
彼の家庭では
いつも子どもの送り迎えは奥さんがしているのですが

ある日、彼女から「今日はどうしてもいけない」
という連絡がオフィスに入りました。

彼は1時間早く仕事を上がり
息子を学校に迎えに行きました。

そして、
帰りに公園で遊んで
夕食を一緒に食べました。

その後、家に帰って
お風呂に入れて
本を読み聞かせながら
寝室で寝かしつけようとしました。

息子さんがうとうとしかけた頃、
「お休み」と伝えてドアをしめようとした瞬間に
…息子さんがこう言ったそうです。

「パパ、今日は今までで一番楽しかった日だよ」
って。

ナイジェルは子どもに対して
特別なことをしてあげたわけじゃないんですっ。

ディズニーワールドに連れていったり
ゲームを買ってあげたのでもありません。

このことから彼はあることを悟ります。

それは…
『 小さいことが重要なのだ』ということです。

それがワークライフバランスだと彼は
言っていました。

つまり、特別なことをやるとか
家族を驚かせるとか
お金を使うとか

休みをとらなきゃいけないとか
そういうふうに考えても
それは決して手に入らない。

学校に迎えにいってあげて
一緒に公園で遊んでご飯をたべて
お風呂に入れてあげただけ。

それが息子にとっての
『最高の瞬間』
だったんです。

 

彼はそのことに気づいていなかったから

どんなに働いても幸せになれなかったし
休んでも幸せになれなかったと言っていました。

「 実は一生懸命仕事をしながらでも
ワークライフバランスは手に入るんだ」
っていうメッセージだったんです。

彼のメッセージの本質は
何か今の人生を変えなきゃって思うと
多くの人は極端に変えよう、
劇的に変えようってしてしまうことがあるかもしれませんが

人生の幸せは…

『些細なことですべてが塗り替わる』
っていうことだったんです。

ナイジェルは他にも色んな話をしていましたが、
僕はそのエピソードがめっちゃ響きました。

彼のプレゼンテーションは全体を通じて笑いの絶えない
楽しいプレゼンテーションなのですが…

最後のワンメッセージだけで
全員が

『僕にもできる…!』
『プレゼンテーション』なんですねっ!

いやむしろプレゼンテーションからしか変化していないと
言ってもいいくらいです。

 

Nigel Marsh: How to make work-life balance work

マザーテレサはどうやって世界を変えたか。

ガンジーはどうやってインドを独立させたか。

戦争してきたナポレオンでさえ
実は言葉の力で民衆の力を借りることができたから
圧倒的な結果を残すことができたわけですっ。

世界を変えてきたのは全部、
『プレゼンテーション』なんです。

じゃぁ、プレゼンテーションは世界を変えるためのものだけか?

っていうと
全然そうではないと思っていて、
家庭生活で幸せになった人もプレゼンテーションだと思うんです。
「結婚して60年も70年も仲のいい夫婦
会話がないってこと…ありえるでしょうか?」

ありえないですよね。

会話があるから、
お互いのプレゼンテーションがあるから
ずっと仲がいいんですよね。

「嘘をついてるのに
ずーっと仲がいい夫婦
ってありえるでしょうか?」

ありえないですよね。

自分の中にある本音を外に出せるから
プレゼンテーションをしているから
ずっと仲がいいんですよね。

そう考えてみると、
身近な小さな幸せも
世界を大きく変える幸せも

全部『プレゼンテーション』なんだなって
思うんです。

でも、

僕たちの身近にプレゼンテーションを学ぶ機会って
あったでしょうか?

ないと思います。

少なくとも学校教育では
なかったですよね。

しかも
社会に出て初めて
その重要性に気づかされても

肝心の学び、身につける場を見つけることが
… なかなかできない。

だから、僕は今年
プレゼンテーションに関する新たな取り組みを
始めることにしました。

これはヤバいことになりますっ!!

詳しくはコチラをご覧ください♥

『話す』っていうことに関しての意味づけ

ABOUTこの記事をかいた人

☆ 鴨頭嘉人プロフィール ☆ YouTube講演家 鴨頭嘉人 株式会社東京カモガシラランド 代表取締役社長 高校卒業後、東京に引越し19歳で日本マクドナルドにアルバイトとして入社 4年間アルバイトを経験した後、23歳で正社員として入社。 30歳で店長に昇進。32歳の時にはマクドナルド3300店舗中、 お客様満足度日本一、従 業員満足度日本一、 セールス伸び率日本一を獲得し最優秀店長で表彰される。 その後も 最優秀コンサルタント。 米国プレジデントアワード、米国サークルオブエクセレンスと国内のみならず全世界のマクドナルド表彰も全て受賞する功績を残す。 2010年に独立。現在は組織構築・人材育成・セールス獲得についての講演・研修を行っている日本一熱い想いを伝える「炎の講演家」として活躍する傍、株式会社3社の経営とNPO法人1社の経営、出版社も運営。 著者としてもリーダー・経営者向け書籍を中心に12冊(海外2冊)を出版する作家としても活躍。 2013年、伝わるコミュニケーションスキル・伝えるスピーチスキルを身につける「話し方の学校」を設立。現在7,000名以上に【目的が達成できる伝達力】を教えている。2016年、出版社「かも出版」を設立。2018年、プロ講演家、セミナー講師として自ら成果の出た「自分の売り方」を体系化し、講師業に特化した「プロ講師の学校」を開校。 有料オンラインサロン人気ランキング日本第5位 良い情報を撒き散らす仲間を増やすコミュニティ「鴨Tube研究所」、日本第6位 良質で最新のビジネス情報を共有できるコミュニティ「鴨Biz」を主宰。 また、【良い情報を撒き散らす】社会変革のリーダーとして発信しているYouTube(通称 鴨Tube)は、登録者59万人を突破。講演家、自己啓発部門では日本一の影響力を発揮している。 世の中のサービスパーソンを元気にする活動『ハッピーマイレージ』の創始者。